雑記

つるや釣具店・ハンドクラフト展

つるや釣具店・ハンドクラフト展

今年で28年目となるハンドクラフト展。 今年は昨年以上の職人さん、及びアーティストの人達が集い着て、 自らの作品を展示販売しました。 しかし景気自体は昨年の暮れあたりから厳しさを増していたので、 どんな結果になるのか、少々心配しましたが、 2月10日(金)の平日から、雪が散らつくのも意に介さず、 会場はたくさんの来場者で大いに賑わった。 それが3日間共続いたのを見て、 やはり趣味の力は凄いな!!と改めて感じました。   弊社のブースです。 少し狭かったですが、 それでも持参した商品はほぼ完売に近い状態となりました。 本当にありがとうございました。     アキラさんのブースです。 今年は新しいバージョンが随分と作りこまれていました。 特にベストと前掛けは注目度抜群でした。     早速、アキラクラフトの前掛けを購入して写真をパチリ。 革の前 ...[Read More]

九鬼山登山

九鬼山登山

  「1000メーター位の山なんだけど、行かない?」   正月以来の食べ過ぎ飲みすぎの影響で 体重が3kgもUP。 その影響か否か、腰から来るヒザの痛みにつらい思いをした事から、 少し運動を…!!と思っていた矢先だったので、同行することにした。   1000m位の山ならば、トレッキングシューズで十分だろう!!と タカをくくっていたのだが、出かけてみてビックリ。 登山口は雪に覆われて凍り付き、 足元はツルツル滑っておぼつかない。 これはチョットまずいんでないの!?と思ったが、 行けるとこまで行こうという事になった。   登山口付近の急登を過ぎると雪も消え、 やがて稜線に出た。 目の前に真っ白に雪を冠った富士山が…!! 絶景である。   写真中央にリニアモーターカーが…。 これが完成すれば東京と大阪がグッと近くなる。   結構雪が残っ ...[Read More]

つるや釣具店・新春フライタイイング教室

つるや釣具店・新春フライタイイング教室

昨年末にやったフライタイイング教室。   スパイダーパターンが、初めての人にも結構 いい感じで作れたので、「忘れない内にもう一度…」という リクエストが上がり、それでは新春に再チャレンジしましょう!! という事になりました。   今回は、インフルエンザ等で参加者は少なめでしたが、 それでも皆真剣に聞き入っていました。   前回巻いたギニアフォールスパイダー(ホロホロ鳥)   今回はこの3パターン。まず左端の①番が ヘンフェザントパラシュート。 メスのキジの羽で作ったスパイダーパターンです。 そして真中の②番が、コックフェザントボディパラシュート。 オスキジのシッポの羽をボディ材にしたパラシュートフライ。   で右端の③番がコンドルボディパラシュート。コンドルの羽を ボディ材にしたパラシュートフライ。 シリにヌケガラ(シャック)を取り付けてい ...[Read More]

新しいシルバーレイククラブが誕生します

新しいシルバーレイククラブが誕生します

明けましておめでとうございます。 シルバーレイククラブを立ち上げて18年目を迎えました。 その間、より長く愛用していただく為に、素材と作りにこだわり続けました。 親から子へ…。物を大切に使い続けるという文化。 そんな文化が育っていくと思っています。 そしてそれを、世界の人達もMade in Japanの鞄として伝達してゆければ、 と思っています。 “使い勝手を第一優先に考えた鞄作り。そして末永く愛用してもらうこと” 基本ポリシーはそのままに、若い世代の感性で、今、新しいシルバーレイククラブが 生まれようとしています。 発表は今春を予定しています。 具体的な発表日は、雑誌やfacebook、そしてホームページ等での情報発信を考えています。 SILVER LAKE CLUB CREEK シルバーレイククラブ同様、よろしくお願いいたします。

つるや釣具店FFを楽しむ会

つるや釣具店FFを楽しむ会

場所は道志の神之川。フライフィッシングの練習の場としては最適といえる。 今回は、弊社の得意先の人から、フライフィッシングをやりたいとの要望があり、 急遽開催の運びとなりました。   すでに紅葉が始まっていた神野川   赤いオリジナルのMYバッグで釣りを楽しむ高橋さん   この釣り場ではSLCのMYバッグをよく見かけるようになりました。 フライフィッシング用に開発されたショルダーです。   ロッドを手元から持って行こうとするほど引きでした。 管理釣り場とはいえ、かなりエキサイトしてしまいます。   今回特別指導の元、いい釣り体験が出来た若人二人。 向かって左が我らが師匠の山城氏。 この人の指導を受ければ上達が速いです。   愛用の鞄達。使い込むほどに、又新しいアイディアが生まれてきます。 シルバーレイククラブの変わらない物作りのスタ ...[Read More]

北本の自然

北本の自然

今年は、9月に台風が集中した。 これは、キノコ出てるかも・・・!! 家から2~3分の雑木林に足を運んだ。 オオッ、これはすごいことになってます。 ナラタケモドキが土から出てます。おそらく土の中の 根っこから出てると思いますが・・・。 他の切り株に目をやるとナラタケモドキの幼菌があちらこちらに…。 これなんかも結構すごいです。 これもナカナカスゴイデス。 これもスゴイコトニナッテマス。 もう採るのが面倒くさくなる位出てきました。 その他カワリハツがポツポツと…。 ケショウハツも数本見つけました。 もっとビックリしたのがこれ。新しく作られた公園の通路に敷き詰められた 木材のチップからキノコが発生。 もう、ベンチの回りもキノコだらけ。 チョットUPにするとスサマジイことになってますネ!! 手にとってシミジミとながめてみる。 傘の裏を見て臭いをかいでみる。 ナカナカいい臭いである。しかし、チョット ...[Read More]

植野稔のキノコ祭

植野稔のキノコ祭

9月に入ってからの台風の雨で、今年もキノコいいのでは…!? という期待の中、10月1日に植野稔のキノコ祭が開催されました。 今年は色々なキノコが出ていましたので、写真に撮ったキノコを追いかけながら紹介します。 集合時間の10時までには少し時間があったので裏山へ…。 ありました。ハナイグチの群生です。 イヤーこんなに生えてるんですネ~!!と大満足のYさんとハナイグチ。 でかくなり過ぎてましたが、サマツモドキですネ。 今年はシバグリが地面一杯に落ちていました。 来春はクマ増えそうですネ!! ハナホウキタケもあちらこちらに…。残念ながら不食です。 アミタケが随分と出ていました。 煮ると赤紫になるおいしいキノコとのこと。 サクラシメジも今までになく採れました。 これはミネシメジだと思うのですがイマイチ自信ありません。 でかいニンギョウタケが採れました。 オオッこれがニンギョウタケですか!?と感動す ...[Read More]

北海道釣行

北海道釣行

夢にまで見た北海道の釣り。 ある日、フライフィッシングの大師匠からお誘いがかかった。 何名で行くのかと尋ねたら、私一人だけだという。 感激しながら北海道を想定したフライを フライBOX一杯に巻いた。 9月21日の釣行日が近づくや、次々と台風がやってきた。 それも東北から北海道にかけて未曾有の雨を降らせた。 今回の釣行予定だった十勝方面は特に甚大な被害を受けた。 これは今回の釣りは厳しそうだと思いながらも、 それでも北海道の河川をこの目で見てみたかった。 本流筋は、とても濁流で釣りにならないので 釣りの出来る小川へ案内してくれる。 何とか数匹キャッチ出来て面目を保てた。 しかし、北海道用にとCDCを多めに巻いたフライが 向かい風に押されて思うように飛んでくれなかったのは 反省材料となった。 今回お世話になったNさんの別荘。 裏の林でナラタケがバッチリ採れた。 流石北海道デスネ! 玄関を入ると ...[Read More]

夏の終わりのコンサート

夏の終わりのコンサート

_八ヶ岳青年小屋にて…_ ある日、人づてに送られてきた「遠い飲み屋」のTシャツ。 今年は、体調を整えて是非来てください!!と強烈に アピールしているように感じた。 これは、何が何でも行かなくっちゃ!! 今年は残念ながら雨の中の登山となりました。 青年小屋オリジナルのザック(左)と 遊悠学のザックのそろい踏み。 苔むした原生林にはやはり自然素材のザックが 似合います。 あまりに自然が綺麗でしたので 写真を一枚。 いい感じです。 タマゴダケゲットの鹿糠さん。 でかいキノコ見つけましたが食べられません!残念! 西岳山頂にて記念撮影。 スギタケ見つけました。かなりうまそうです。土から生えているものはダメ。木から生えているものはOKです。とは、植野さんよりの情報です。 青年小屋に到着後、食事を終え、メインイベントの 夏の終わりのコンサートの始まりです。 まずは小屋オーナーの竹内さんの挨拶から…。 編 ...[Read More]

つるや釣具店・FFとキノコトレッキング

つるや釣具店・FFとキノコトレッキング

―野生食材料理店・店主 蜂須賀さんの登場です― 発表が随分と遅くなってしまいましたが、今年も7月の初めにつるや釣具店の釣りとキノコ のイベントを開催しました。 フライフィッシングは、何時ものように道志村の神ノ川にて… 今年は、地産の野菜と蜂須賀さんが持参してくれたキノコは無論の事、鹿・イノシシの他に 最高の熊肉も入手し、大いに盛り上がりました。 では早速、蜂須賀野生食材料理店へご案内します。 ドドーンと熊の肉。 最高の熊肉との事でした。 早速料理を始める蜂須賀さん。   キノコの名前聞いたのですが忘れました。 土の臭いのするキノコでしたが、食感は正にマツタケ!! こんなキノコ初めてですネ!! 今回は釣り上げた鱒で定番中の定番の鱒の塩焼きも…。 蜂須賀さんが持ち込んでくれたキノコ。これも名前解りません。スミマセン!! 途中で採れたシオデ(野生のアスパラガス)をうまく使った鹿肉のソテ ...[Read More]