友人たちと

きのこ味番付2018

きのこ味番付2018

ついに出ました!! 植野稔のキノコ本。 若かりし頃より「岩魚に人生を賭ける!!」 そう明言し、それを貫き通して来た植野稔氏。 が、しかし源流へ行くほど岩魚が小さくなってきた現実を目の当たりにした時、 年一回のペースで発行していた源流釣行のムック本の製作をピタリと止めた。 そして、その後は釣り、キノコ、山菜採りのガイドとして生計を立てる事になる。 それは、今からちょうど16年程も前の事である。 その頃、自然の中での植野流の遊び方を「遊悠学」とし、 その遊びに適応した鞄の製作依頼が私のところに来た。 そんな関係から「植野稔のキノコ祭り」を年に一回のペースで開催しつつ、 既に16年が過ぎた。 この本には、単にキノコの紹介だけでは無く、 彼が岩魚釣りを始めた頃からの経験と知恵が凝縮されている。 これは是非共、この本を参考に1つ1つのキノコの味を楽しんでみたい。 裏表紙は「きのこ遊悠学」になっている ...[Read More]

つるや釣り具店:FFとキノコトレッキング(後編)

つるや釣り具店:FFとキノコトレッキング(後編)

翌早朝、朝食用に素麺を湯がく蜂須賀さん。         スープはハクビシンダシに昨日採ったチチアワタケをバッチリ入れます。         大皿の素麺が一気に無くなってゆきます。 それにしてもすごい食欲です。   食後につるや恒例のジャンケンポン大会で SLCの帽子をゲットした小泉さんと山本さん。         いつもは最後となる集合写真を撮り、これからメインのフライフィッシングを…。     今回は、フライフィッシングは初めて…というビギナーの人達が4名もいたので、 ベテラン組は皆気合いが入りました。 さて、ここからの写真は我等がハッチー隊長の撮ってくれた写真を使わせて頂きます。     &n ...[Read More]

つるや釣り具店:FFとキノコトレッキング(前編)

つるや釣り具店:FFとキノコトレッキング(前編)

今回も例年通り実行されましたが、夜半にかなりの雨が降ったようで、 川は増水しフライではチョット難しいほどの濁りが入っていた為、 初日にキノコ狩りをやり、釣りは翌日という事となりました。 まずは皆でキャンプ場内を一回り。   早速、立派なアカヤマドリが採れました。   残念ですがカワラタケです。不食です。   立派なススケヤマドリタケが…。       小ぶりですが、こちらにも…。       タマゴタケ見付けました。       タマゴ3兄弟です。       養老の森にて記念撮影。       採ってきたキノコは 蜂須賀さんに鑑定してもらいます。       ...[Read More]

ネイチャーランドオム下見

ネイチャーランドオム下見

7月7日~7月8日、道志村のネイチャーランドオムにて 第7回「つるや釣り具店、FFとキノコ料理を楽しむ会」のイベントがあります。 この時期、キノコは少々早いので、あまり採れません。 それでは、もう少し広範囲に調べてみましょうか!! という事になり出かけました。     今がイチゴの最盛期のようで、あちらこちらで赤い実をたわわに実らせていました。 採ろうかな、と思いましたが、チョット面倒臭いので止めました。         これはミツバウツギかな?と思いましたが微妙に違うような感じでしたネ!!         ツチグリがあちらこちらに転がっていました。         松の木にヒトクチタケが…。 うまそうですが、残念ながら不食です。 &nbs ...[Read More]

自然食材の宝庫・安家川

自然食材の宝庫・安家川

岩手の天然河川・安家川。 この川に通い始めて20年以上の歳月が流れました。 通う度に新しい感動があり、友とそして家族と共に共有した歓び。 釣り・キノコ・山菜・ここは正にoutdoorをベースにした遊びの楽園と言える。   何時ものテン場にテントを張り終えるや、 三女が釣りを始めた。     これは20年前の三女の写真です。 同じ場所とは思えないほどの変わり様ですネ。       その当時はこのテン場近くの川で、 これ位の岩魚、山女魚がおもしろいように釣れました。 天然河川のスバラシさに感動、また感動の連続でした。       今日、テン場前で三女が釣ってきたヒカリ。       2年前の台風の被害は想像以上で、それまでの美しい天然河川の面影は、 殆ど消えてしまいました。 ...[Read More]

ハンドクラフト展

ハンドクラフト展

随分と時間が経ってしまいましたが、 第29回つるや釣具店のハンドクラフト展のレポートです。 今期は、70名以上のアーティスト及び職人さんが全国から集い来て、 今まで以上の盛り上がりを見せました。 シルバーレイクの鞄も例年になく目に留まったので 仕事の合間に撮らせてもらいました。 あわてて撮ったものが多いのでピンボケはご容赦願います。 今年も3日間共、凄い人出でした。   ロイヤルハリーのチョコのショルダーです。 綺麗に使ってくれていました。 感謝です。(ロイヤルハリーシリーズ No.129191)   9号帆布のショルダー(右)とかなりブレてますがワンショルダー(左)です。 流石に嬉しくなります。 (左 No.130912)(右 No.130123)   朱子のショルダー。 声をかけたらもう10年以上愛用してますとの事。 いい感じに使い込まれていました。 (N ...[Read More]

神之川・フライフィッシング -最高の贅沢を満喫-

神之川・フライフィッシング -最高の贅沢を満喫-

今年最後の釣りを裏丹で…という呼びかけに集まったのが私を入れて5名。 その日は天気も良く最高の釣り日和となりました。 紅葉が水面に映えてすこぶるいい感じでした。 SLCのワックスドコットンのハンチングとショルダーをセットに釣りを楽しむ内藤さん。 仲々決まってます。 しかしこの川の透明度はナカナカ良いでしょう!! 斎藤さんの釣り姿。 左ききでのバンブーロッド操作。独特です。 ハットはオイルパラフィンにレザーベルトを装着しています。 森さんの釣り姿。 今は廃番になってしまったリバーエルフを使ってくれています。 ハットは激シブのゲートルシリーズ。 三女の釣り姿。 リバーエルフのショルダーにワックスドコットンのハット。 今回は彼女が竿頭になりました。 何時の間にか腕を上げています。 で、何時もの楽しい昼食。 今回はハタケシメジが採れたので、 ハタケシメジと虹マスを使った料理にチャレンジ ...[Read More]

京都大丸にて

京都大丸にて

学生時代の想い出の地、京都。その都の真ん中にある百貨店、京都大丸。シルバーレイククラブを立ち上げて約8か月が経ちました。 どの売り場も効率重視の風潮の中にあって、それ以上に独自色をもっと鮮明に出したいとの熱い要望があり、 それならば、と今回は栃木レザーを全面に推し出しての対応となりました。 今までの経験値を総て導入し、「使いやすい」をテーマに仕上げました。 素材はベジタブルタンニン鞣しの栃木レザー 使い込むほどに艶感の出る革本来の味を楽しんで頂ければ…と思います。 京都大丸先行で立ち上げました。 〈こだわりのポイント〉 前ポケットをマグネット式にし開閉をスムーズに…。 ファスナーが大開きですので、ペットボトル、文庫本等の出し入れも容易です。 真ん中のファスナーポケットを可動式にして大きなものも収納可能にしました。 チョット手持ちしたい時にも対応できる様ハンドルを装着 ...[Read More]

つるや釣り具店・FFとキノコトレッキング【後編】

つるや釣り具店・FFとキノコトレッキング【後編】

ムレオオイチョウタケの料理が始まります。   ムレオオイチョウタケの料理が出来ました。 皿洗いと写真撮りでバタバタし、 今回も料理名聞くの忘れました。 スミマセン!!   イノシシのスネ肉の料理に皆感動です。   これは鹿肉。 次々と料理が出てきます。   途中で口直しにヤマヒジキとノカンゾウのサラダ。 初めて食べる味に感動の声が…!! 野生食材料理に皆感動しつつ、 大いに飲んで腹一杯食いました、 そして翌朝、朝食の後、キノコトレッキングへ…。 今年は桜が一週間遅かったからか、 すべてのものが一週間遅いと蜂須賀さん。 キノコも又、シカリのようでした。   蜂須賀さんオリジナルのキノコ鞄、アーレマンラッツェを持って 皆を先導します。   どんな質問にも丁寧に答える蜂須賀さん。   キノコは少なかったですが、緑の森の中はやっ ...[Read More]

つるや釣り具店・FFとキノコトレッキング【前編】

つるや釣り具店・FFとキノコトレッキング【前編】

今年は天候に恵まれ過ぎて暑いのなんの…。 風があったからまだ良かったものの、それにしてもマイリマシタ。 又、会の数日前に雨が降ったので、 水量も申し分ないのでは…と思っていたのですが、 まれにみる渇水。 釣り自体は、かなりシビアな条件での釣りとなりました。 が、しかし、今回も蜂須賀さんの野生食材の料理に救われました。   何時もの裏丹沢 神ノ川渓流釣り場   加藤さんの釣り姿。 ラインが綺麗に伸びています。   これは蜂須賀さん。 今回も数尾釣り上げていました。   初めての廣瀬君。 ファーストキャッチの貴重な画像です。   おしどり夫婦の高橋さん。 釣りを楽しむ姿がとてもいいですネ!!   お昼の休憩。 高橋さんの差し入れが今回もすごかったです。 何時もご馳走様です。   まずは囲炉裏に火を入れ鱒の串焼きを…。 &nb ...[Read More]