• シルバーレイククラブ公式サイト

友人たちと

永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい

永遠に幸せになりたかったら釣りを覚えなさい 2000 1339 tokyopress

さて、今回は永遠に幸せになる為の釣りを弊社の若人に教えようと
春を待ちわびての釣りとなった。
が、残念ながら参加してきたのは、我等がはまちゃん唯一人であった。

しか~~し、山城師匠の取り巻きの趣味人が
一人、また一人と集い来て総勢8名と相成りました。

この日は、低気圧が三つ巴の状態で、天気は大荒れの予報でしたが、
皆日頃の行いが良い為か、まずまずの天気で推移。
しかし、大寒波到来との事で、釣り場もご覧の通り、
釣り師も少な目でした。

 


何が何でも釣らせます。と山城師匠も気合入ってました。
師匠の指導をマンツーマンで受けられるなんて
スゴイコトデスヨ!!

 

シルバーレイククラブ隊長の斎藤さん。
今日のフライは何にするか!?
ウ~~ム、と考え込んでおりました。
今回のハットは、シルバーレイククラブのオイルパラフィンと
レザーのベルト付。何時もながら決まってます。

 


シルバーレイク応援団、団長の平山さん。
デカイのばかり狙って釣り上げてました。
しかし、ニュージーランドの鱒と比べると子供みたいなもんでしょうネ!?
御使用のモンカゲロウショルダーがいい感じになってました。

 


小泉名人は座ったまんまヤマメを狙い打ち。
渓流釣りは足で釣れ!!と言われてますが、
この人にとっては、そんな常識は関係ないのかも…!!

今回のメインイベントの料理が始まります。
隊長自らかって出てくれました。
手前の大鍋が雲南省オリジナルスープ。
その向こうの四角いのが即席燻製器。

まずは、ヤマメの燻製が出来上りました。
(右下のラー油は、隊長オリジナルラー油です)

 


ヤマメの燻製。
即席とは思えない出来栄えと味でした。
2枚におろしてスモークしただけなのに、
イケマスネ~!!
思わず、ウイスキーWで!!
と言ってしまいそうな味に仕上がっていました。

 


キノコ三種と鶏肉を使った雲南省オリジナルスープを
弁当と一緒に…。何時もの弁当が
超豪華な昼食に早変わり。

そして次に宮廷料理の蝦子麺を湯がいてとりわけます。
見るからに普通のものとは違うと麺が主張してますネ!!

次に蝦子麺に斎藤オリジナル、
雲南キノコ鶏スープを豪快に入れて、
これに斎藤オリジナルラー油を入れれば完成です。
口に入れてモグモグやれば雲南省の情景が頭の中を駆け巡るという代物です。

これはもう大好評で次々におかわりが…!!

 


美味しいものを鱈腹たべた後の皆の表情。
釣りの楽しみ方の新しいスタイルが見えてきています。

 


その後、我等がはまちゃんのモデルでニューM.Yバッグの撮影会。
素材はサンブレラのまんまで修正を加えて仕上げましょう!!
という事になりました。
出来上りが楽しみです。

既にお問い合わせ頂いているのですが、情報解禁までもうしばらくお待ちください。
発売次第、ブログにてお知らせいたします。
つるや釣具店限定商品の為、販売はつるや釣具店、もしくは同店ホームページとなる予定です。
ぜひ御期待下さい。

最後に集合写真を撮って、
次回又やりましょう!!という事で終了しました。
皆の幸せそうな顔。
「永遠に幸せになりたかったら…釣りと料理を覚えなさい!!」
開高健先生の声が聞こえてきそうでありました。

 

 

特別おまけ↓
~斎藤オリジナル雲南省スープの作り方~

材料:キノコ3~4種。かなり多目が良い。(今回はブナシメジ、マイタケ、霜降りヒラタケ。※エノキがあると尚よろしいかと…)
鶏肉→骨付きが良い出汁が出る。
八角、花椒、唐辛子、ニンニク、生姜、ローリエ、長ネギで味と整えます。
これに秘伝斎藤スペシャルラー油をかけて味わいます。

ニュージーランド釣果報告

ニュージーランド釣果報告 1568 1046 tokyopress

海外での釣りを考えた時、広大な大河での釣りは
私の釣りの技量では、たぶん歯が立たない。
となると、日本の河川に似たようなところ…。
というと、赤道をはさんで反対側のニュージーランド!?
島国である事、そして四季があり、自然が豊かで魚もでかい。
たぶん写真も自然を背景にしたいい写真が撮れるのでは…と
何時の間にか、そんなイメージが出来上っていました。

そんなニュージーランドへ、この度釣り、キノコ仲間の
平山さんが行く事になりました。

 

 


まず届いたのがこの写真。
嬉しさmaxで喜びの針が振り切れてますネ!!

 

 

これもでかいですネ~!!
しかし、こんな川で釣ったら
一気に走られて凄い事になるんでしょうネ!!

 

 

キャッチ瞬間の写真。
5番のロッドが弓なりになってます。

 

やりました!!
しかし、でかいですネ!!

 

素晴らしいブラウンです。
こんなのを一度抱いてみたいものですネ!!

 

この辺りにくると
もう釣れるのが当たり前の余裕顔になっちゃってますネ!!

 

 


しかし、これもスゴイです。
話には聞いてましたが
素晴らしいレッドバンドですネ!!

 

 


ウ~~ン!!
見れば見るほどスゴイデスネ~!!
ガイドのナカガワさんの写真の撮り方がうまいから…と
言ってましたが…イエイエ、やっぱりスゴイです。

 

 


ガイドのナカガワさんと一緒に2ショット。

最後にシルバーレイククラブの帽子をアピールしてくれた写真を…。
平山さんスバラシイ写真ありがとうございました。
又、これ等の写真は、ニュージーランドの釣りガイド
ナカガワさんが撮ってくれたものです。
ニュージーランド釣行なら、この人へ…。
シルバーレイククラブ応援団長の平山さんからの
熱いメッセージです。

 

 

https://www.facebook.com/profile.php?id=563303708&ref=br_rs

ハンドクラフト展-つるや釣り具店-

ハンドクラフト展-つるや釣り具店- 2000 1339 tokyopress

ハンドクラフト展も今年で30年。
継続は力なりと言うが、
今年は特に今までに無い盛り上りを見せた。

特に若い人達の姿が、随分多かったように思う。
一人でも多くの若い人達がフライフィッシングとこだわりの物に興味を持ち、
この世界の扉を開いてくれる事を夢に見ながら、今年も三日間頑張ってきました。

こんな感じで今年も随分と多くの人が来てくれました。
若い人達も目立ちます。
インターネットでの拡散、発信が背景にあるのかも…しれませんネ!!

 

アキラさんの作品に見入る女性。
キノコ柄の名刺入を購入して行きました。

MYバッグの揃い踏み。
嬉しいですネ!!

こちらはヘリンボーン御使用のお客様。

昨年10月、イケテイVILLAで限定販売したアキラさんのナップサック御愛用の方も…!!

 


まあ、とにかく凄い人で弊社のブース前は
会計の人の行列で接客が出来ません。
こんなの初めてです!!

 


すでにおなじみのアキラクラフトさん。
丁寧な作りの作品には、ファンも多いです。
今年は買い替え需要もあり、
まずまずの売れ行きのようでした。

 


今年初参加のパナマハット。
エクアドル大使館御用達のこだわりのハットです。
エクアドル産カカオ70%のチョコレートは仲々のお味でした。

 


横田ロッドのブースです。
私も4ピース3番のロッドを作ってもらいましたが、
最近使用するロッドは、こればっかりになっています。
やっぱりチョット違います。

 


中野川倶楽部オーナーの斎藤さん。
四国の川の素晴らしさを伝える為に毎年参加されています。

 

 


イワナ、ヤマメのマグカップ。
購入させて頂きました。

 

岩魚万太郎さんのブース。
魚沼コシヒカリは流石にブランド米ですネ!!
おかず無しでも食が進みます。

韮塚さんのブース。
BE-PALで長年ライターをやっていた実績もあり、
おもしろグッズの宝庫です。
出刃包丁、思わず買ってしまう特別価格です。

 


水面直下の釣りを解りやすく説明し実践する樋渡さん。
この人のお陰で釣果、かなり伸びました。

 

これは、その釣りの為のフライ。
超実用バージョンばかりです。
タイイング教室もあります。
感心のある人は、下記のリンクへ是非アクセスしてみて下さい。

http://www.asahi-net.or.jp/~ua3t-hwtr/


十勝の有名ガイドの高橋さん。
釣りだけじゃなくて味のある水彩画から
アイヌ紹介の本作りからキノコまで…。
北海道で遊ぶならまずこの人に頼んでみると良いかもネ!!

 

 


村田ロッドの村田さん。
バンブーロッド界の第一人者。
チョット私の腕では敷居が高くて
未だに眺めているだけです。

 

アキラさん(右)と独得の釣りの水彩画を描く柴野さん。
安曇野と信濃大町駅での遊びの相談デスカ!?

 


アキラクラフトに見入る平山さん。
昨年はキノコ狩りでご一緒させてもらいました。

 

アキラクラフトのワークベストを試着する韮塚さん。
仲間内での会話も弾みます。

 

ハンドクラフト展のみならず
FF界でも独得の存在の金子さん。
この日は、父親の昔の鞄を見せてくれました。
麻生地にフルタンニンのレザー使い。
金具は総て真鍮製のイングランド製。
シンプルでありながら見事な出来栄えに脱帽です。

 
等々、これ等は、ほんの一部ですが、
ハンドクラフト展ならではの出来事が色々とありました。
毎年毎年、また違った感動と興奮のあるこの祭り。
趣味人の為に、ずーっと続いて欲しいですネ!!

御来光

御来光 2000 1339 tokyopress

1月1日の早朝、子供の頃の遊び場だった故郷の山へ向かいました。
初日の出を見ようと地元の人達の集い来る場所です。

 

 


未だ夜が明けきらない内に実家を出ました。

 

夜明け前の象頭山の姿です。
金毘羅さんの山として有名です。

 

地元の人達が焚火に手をかざしながらお神酒を…
私も仲間に入れてもらいました。

 

初日の出に見入る人達。
今年も良い事がありますように…!!

 

私の父親の石碑です。

 

石碑の横のケヤキ。
父の記念樹だという事を
初めて聞かされました。

 

御来光の帰り道。懐かしい風景をカメラにおさめました。
誰に言われた訳ではないのですが子供の頃よりこの山並みを見るにつけ、
観音様の寝姿に見えていました。
向かって右より、顔があり、喉仏があり、お腹があり足がある。
そんな風に見えませんか?

 

今年も良い年になりますように…!!

初めてのフライフィッシング

初めてのフライフィッシング 2000 1339 tokyopress

フライフィッシングをやってみたい!!
そんな若者が社内から3名程現れました。
この遊びをマスターすれば、人生が大きく変わる!?
かも…シレマセン!!(これは私の自論ですが…!?)
それはともかく、人生が楽しくなる事は間違いありません。
という事で、今年最後の釣り会をつるや釣具店オーナーの山城師匠にお願いしました。

 

 

 

 


まずは、フライラインの操作の仕方の練習です。
山城師匠に教わると上達早いです。

 

 

その後、実際にフライを付けて実釣です。

 

 

 

 


早速来ました。
良い感じで竿がしなっています。

 

 

ヤッター、ラッキー!!
そんな感じが伝わってきますね!!

 

 

 

 


林君の釣り姿。
ライン、真っ直ぐ飛んでますヨ!!
鞄はシルバーレイククラブの朱子シリーズ。
仲々サマになってます。

 

 

山城師匠にアタリの取り方を教わる吉田君。
真剣そのものです。

 

 

こちらは、ハマさん。
この日の最後に自分の目を釣ってしまいました。
しかし何とも無くて本当にヨカッタ!!です。
次回はやはり大ツバのハットとメガネ必携ですネ!!

 

 

お昼は各自持参の弁当の他、釣り上げた鱒をバター焼きに…。
思ってたより旨い!!と仲々の評判でした。

 

 

料理道具を入れた新旧のTOTEバッグ。
キャハンシリーズんの大寸TOTEと
15年前の6号帆布TOTE。
未だ健在です。

 

 

新製品を持ち込んでの撮影。
やはり、自然の中で撮ると、イメージ出ますネ!!

 

 

実際に使用している姿。
いいですネ~!!
スバラシイです。

 

 

で、最後に記念撮影。
皆さんお疲れ様でした。
又、山城師匠、今回も御世話になりありがとうございました。
来年、気候が良くなったら、又やりましょう!!という事で、
今年最後の釣りは終了しました。

リベンジ

リベンジ 1500 1004 tokyopress

先日の安曇野での帰り道、
新聞紙に包んでビニール袋に入れておいた立派なコウタケを
ゴミと間違えて捨ててしまった。

 

そのショックは相当なもので、思わず天を仰いだ。
そんな折、又してもタイミング良く今度はシモフリシメジ狩りの話が舞い込んだ。

これはもう、リベンジしかない!!

 

 

早速見つけたのがクリタケ。
しかし随分と色が濃い。

 

 

次にチャナメツムタケ。これもおいしいキノコです。

 

 

 


少々乾燥気味でしたが、
シモフリシメジ。
旨そうです。

 

 

 

シモフリシメジがこんな感じで出ているのを見ると
チョットハマりますネ!!

 

 

 

クロカワ見つけました。

 

 


最後の最後にコウタケの群落が…!!
前回1個捨てたおかげでスバラシイ群落に出合えました。

 

 


BE-PALオリジナルのキノコ鞄もコウタケで満杯となりました。
アリガタイコトダ!!

 

 

 

昼食時、キノコk師匠の奥様手作りのコウタケオニギリに
舌鼓を打ちながら、師匠お勧めのシモフリシメジの筒単料理を教わる。
醤油とバターと胡椒の味がシモフリシメジの旨味と絡み合って絶妙な味を演出。
横田キノコ師匠に最敬礼!!

 

 

 


その後、師匠お勧めの太郎温泉にて一風呂浴びて帰る。
晴天であれば風呂の中から北アルプス連峰がバッチリ見えるとの事。
この日は残念ながら雲の中でした。

 

 

帰宅後、早速香茸の乾燥準備。
そして、コガネタケとシロハツと
ムラサキシメジのピクルスとシモフリシメジのスープ作り。

 

 

まずはコガネタケ。
黄色い粉を丁寧に洗ってやると、
ナント、実に旨そうな個体に変身してくれます。
笠も軸もしっかりしていて実に美形です。

 

 

 

こちらはシロハツ。
これも湯掻いてみると
シッカリとしてきます。
包丁を入れると、
その切り口の奇麗な事。
思わず感動してしまいます。

 

 


コガネタケとシロハツとムラサキシメジのピクルス。
自分で言うのも何ですが、仲々の味でした。

 

 


そして最後にシモフリシメジだけのスープ。
これ最高でした。

 

 


更にもう一つ。
三日後に乾燥したコウタケ。
これはもう、コウタケゴハンでしょう!!

安曇野にて…

安曇野にて… 1052 660 tokyopress

「吉田さん、安曇野の別荘近くの森にキノコ結構生えるんだけど…
一度みてくれない!?」
そんなお誘いと
「私の地元の更埴で、いいのが採れるので是非!!」
等々、何時の間にかキノコでの誘いが多くなってきました。
毎年2月に開催しているつるや釣り具店主催のハンドクラフト展での事である。

グラビア等で良く目にする安曇野の自然
水車小屋、そして豊かな水の流れ、自然を愛しむ姿がそれだけで感じ取れる。
一度見てみたいな!!と前々から思ってはいました。
そんな事から、今回のお誘いに
「じゃー、何時にしましょう!!」
という事で9月29日~30日と決った。

キノコ場にて
横田さんからこの近辺の地形の説明を受ける。
正に幼い頃から慣れ親しんだ自分の庭の様でした。

 

早速アイシメジを見つけた平山さん。
最近キノコにはまってます。

 

アイシメジとハナイグチが手の平一杯の柴野さん。
水彩画の中にキノコが登場するのも時間の問題…!?

 

 


奇麗なサクラシメジ見つけました。
笠裏も真っ白で最高の状態でした。

 

コウタケもゲットしました。
残念ながら単発で私は1本のみ。
等々、横田さん先導のもと、キノコ場を徘徊し、
ハナイグチ、アイシメジ、サクラシメジ、ホウキタケ。コウタケ、
マッタケモドキ、そしてナラタケにハタケシメジ等々、結構な種類のきのこが手に入りました。

 

約2時間の収穫を見せ合う。
結構採れたので、もうこの辺りでお昼にしましょうという事になりました。

 

雨が降っていたので、近くの屋根のある休憩所にて昼食。
横田さんの奥様のコウタケオニギリを頂く。
これはうまかったです。
一気に2個胃袋に直行。

 

柴野さんの別荘にて、早速キノコ料理を始める。
まず、キノコにくっついたゴミの処理法を教わる。
サッと湯がくと見事にゴミが採れる。
キノコが採れ過ぎた時は、これは良い方法ですネ!!

 

ひと茹でしなかったものは
奇麗に裂いて火に炙りシンプルに塩で頂きます。
それぞれのきのこの味を楽しむには、これが一番かも…!!

 

テーブル上にあるキノコ鍋。
ナラタケとハナイグチに牛スジを入れたスペシャル版。
ナラタケの出汁とハナイグチのヌメリと牛スジのコクが混じり合って
濃厚なキノコ汁が出来ました。
大鍋一杯のきのこ汁が完食!!
嬉しいですネ!!

 

次に平山シェフのマイタケの天ぷら。
四国の和田キノコ名人から送られてきた天然モノ。
歯切れ、味、香り共
申し分ナシ。
皆大絶賛。
和田名人、ありがとうございました。

 

キノコ採り名人と料理名人のツーショット。
料理が旨いと最高の笑顔になりますネ!!
さて今回は、山は雨、別荘では慣れない料理でバタバタして、
ことの他、写真が撮れてません。
しかし、何とかキノコイベントらしきものになったのは幸いでした。
しかし、やっぱり料理は難しいですネ!!

夏の終りのコンサート - 後編 -

夏の終りのコンサート - 後編 - 2000 1400 tokyopress

翌朝、寝惚け眼で廊下に出ると、
デンと置かれた権現同人の初期モデルのザックが…。
イヤ~、一瞬で目が覚めました。
やはり凄い存在感ですネ~!!

 

 

散々御世話になった青年小屋(遠い飲み屋)の前で記念撮影。

 

 

 

 

編笠山途中の岩場にて…。

 

 

振り返ると懐かしい風景が…。
青年小屋と権現岳。
何時見てもいいですネ!!

 

 

八ヶ岳をバックに編笠山山頂にて…。
気持ちの良い風が体中を吹き抜けて行きます。

 

 

この日は天気もスコブル良く
富士山から南アルプス、中央アルプスまで
バッチリ見えました。

 

 

山頂直下にて、コケモモの群落が…。
赤い宝石のような実に癒されます。

 

 

富士山の美しさに見入る。
しかし、青年小屋オリジナルのザックが決ってます。

 

 

展望を楽しみながらの下山です。

 

 


鉄ハシゴを三点確保で慎重に下ります。

 

 

下りの場合、ここが最後の絶景ポイントです。

 

 


絶景ポイントからの南アルプス。
しばし眺めていると
若かりし頃に歩いた記憶が蘇ります。

 

 

下山途中で稲泉君がタマゴダケかも…!?
と持ってきたキノコは残念ながらベニテングでした。
雨で白い斑点が取れてしまうと傘の部分だけでは判別出来ませんネ~!!

 

 

駐車場近くでヒョウモンチョウが出迎えてくれました。

 

 

 

 


山ブドウの実もたわわに実っていました。
もう少し近かったら採りに来るのに…。
残念です。

 
とまあ、こんな感じで今年の「夏の終りのコンサート」は終りました。
全員怪我も無く終った事が何よりでした。
時間が合えば来年もまたご一緒しましょう!!

夏の終りのコンサート – 前編 –

夏の終りのコンサート – 前編 – 2000 1339 tokyopress

今年も行って参りました。
八ヶ岳青年小屋の「夏の終りのコンサート」
今年で19回目との事。
70名以上の人達が集い来て、夏の終りのコンサートに…。
そして酒に酔いしれました。
しかし、チョット驚いたのは、今年は特に若い人が多く
初めて見る顔が大半を占めていた事。
ウ~ン!!イイデスネ~!!スバラシイデス!!

 

 

 

さて何時ものように観音平から出発。
青年小屋オリジナルのリュックが一際目立ってます。

 

 

 

富士見平で昼食。
富士山が雲の間から顔を出してくれていました。

 

 

押手川で休憩中の鹿糠さん。
カメラを向けるとポーズを取ってくれました。
青年小屋オリジナルのリュックと
シルバーレイクのハット。
決まり過ぎです。

 

 

 


霧にむせぶ“青年小屋”
その前で記念撮影。

 

 

「乙女の水」で汗を流します。
それにしても冷たいです。

 

 

コンサート前の夕食。
皆大満足の様子。

 

 

 

オーナー自らが摘んできてくれた
鮮度抜群のぶどう。
うまかったです。

 

 

今年はチョット趣向を変えた選曲が…。

 

 

第19回 夏の終りのコンサート 2018.8.25
プログラム
・J.C.バッハ/ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)チェンバロ協奏曲 ト長調 K.107-Ⅱ
・ジョバンニ・バティスタ・ペルゴレージ(1710-1736) フルート協奏曲ト長調 P.33から 第1、3楽章
・ヨハン・ゼバスチャン・バッハ(1685-1750) ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ ト長調 BWV1021
・ゲオルク・フリードリッヒ・ヘンデル(1685-1759) 歌劇「ジュリオ・チェーザレ」から アリア「心の支えを失って」
・ニコラ/シュドヴィル(1705‐1782) ヴィヴァルディの曲を元にした協奏曲集「楽しい季節」から“春”

 

【編笠音楽隊】
曽禰愛子(メゾ・ソプラノ)
曽禰寛純(フラウト・トラヴェルソ)
原田純子 角田幹夫(バロック・ヴァイオリン)
北村貞幸(バロック・チェロ)
野口詩歩梨 吉田 恵(チェンバロ)
この後、(須藤もん&対馬照)のフォークデュオ。
二人の語りは、山小屋の雰囲気を大いに盛り上げてくれる。
そしてシメは、青年小屋オーナーの竹内さんのライブ。

 

 

大満足の我々のグループ。

 

 

盛り上り方もマックスへ…。

 

 

たらふく飲んだ後は、気持ちよく就眠。
お休みなさい!! Zzz…。

きのこ味番付2018

きのこ味番付2018 2000 1275 tokyopress

ついに出ました!!
植野稔のキノコ本。
若かりし頃より「岩魚に人生を賭ける!!」
そう明言し、それを貫き通して来た植野稔氏。
が、しかし源流へ行くほど岩魚が小さくなってきた現実を目の当たりにした時、
年一回のペースで発行していた源流釣行のムック本の製作をピタリと止めた。

そして、その後は釣り、キノコ、山菜採りのガイドとして生計を立てる事になる。
それは、今からちょうど16年程も前の事である。

その頃、自然の中での植野流の遊び方を「遊悠学」とし、
その遊びに適応した鞄の製作依頼が私のところに来た。

そんな関係から「植野稔のキノコ祭り」を年に一回のペースで開催しつつ、
既に16年が過ぎた。
この本には、単にキノコの紹介だけでは無く、
彼が岩魚釣りを始めた頃からの経験と知恵が凝縮されている。

これは是非共、この本を参考に1つ1つのキノコの味を楽しんでみたい。

裏表紙は「きのこ遊悠学」になっている。

 

 

植野稔キノコ料理の方法が事細かく記載されている。

 

 

遊悠学参加の人達。
みんな実に楽しそうだ。

 

 

私もキノコ応援団として参加しました。
が、名前が信一になってました(笑)(※本名:伸一です。(笑))