• シルバーレイククラブ公式サイト

登山・トレッキング

刈寄山登山

刈寄山登山 2592 1482 tokyopress

我家は誕生日が続いている。
長女の3月を皮切りに4月がなしで5月が私と三女、
6月がカミさん、7月が次女という具合。

毎月誕生日会をやるというのは不経済なので、年に一度、
3~7月の間に全員集まっての食事会が慣例となっている。

 
今年は次女と三女が登山に夢中になっている事から
食事会の前にファミリー登山をやってから…という事になった。

場所は、東京都あきる野市の刈寄山。

 

 

まずは、今熊神社での遥拝殿の横を通って参道を登る。

 


参道は、よく整備されていて登りやすい。

 

参道途中からの展望。
ツツジ、桜の季節だとひときわ綺麗との事。

 


今熊山山頂の本殿に到着。お参りをすませ刈寄山へ…。

 

ここから稜線目指して巻き道を登ります。

 


稜線上の異様な景色。
南斜面の杉が帯状に立ち枯れていた。それもかなり広範囲に・・・。

 


その後、稜線をひたすら登ります。頂上はもうすぐです。

 


刈寄山(686m)に到着。ここで早めの昼食を取る。

 


カミさんと次女はここから市道山へ・・・。私と長女と三女はもと来た道を下山。

 


今熊神社の遥拝殿にお参りをし、カミさんと次女をむかえに笹平へ…。

 

 

登山の後、娘達が予約してくれていたレストランで今日のメインイベントの食事会。

こじんまりとしたレストランでしたが、中々の味でした。
今年も全員揃っての食事会、無事終了しました。

陣馬山登山

陣馬山登山 3872 2592 tokyopress

ボチボチ釣りでも…と思っていたのだが、
カミさんの強烈な誘いに負けて山行となった。
中央道の藤野インターで下車し、
和田の里体験センター前の駐車場に車を停め、
ここから一気に山の神を目指して登る。

 


梅の花が春を告げていた。

 


しばらく急登の杉林が続く。
思わず写真を撮る。
手入れが行き届いている。

 


醍醐丸までもうすぐだ。

 


和田峠の茶屋。
駐車場代が少々高い。

 


和田峠からの登り。
陣馬山山頂まで木道が続く。

 


山頂に到着。
何時ものように権現同人のザックと
SLCのタオルマフラーで記念撮影。

 


山頂に茶屋が2軒。
どちらも登山者で一杯。
この山の人気がうかがえる。

 


下りは随分と整備されていた。
陽気なアジア系の人達が
「コンニチワ!!」を連呼しながら登って行った。
日本の山もインターナショナル化しつつある。

 


終点近くの風景。
茶畑が綺麗に刈り込まれていた。
里山の風景に何故かホッとする。

九鬼山登山

九鬼山登山 3872 2592 tokyopress

 

「1000メーター位の山なんだけど、行かない?」

 

正月以来の食べ過ぎ飲みすぎの影響で
体重が3kgもUP。
その影響か否か、腰から来るヒザの痛みにつらい思いをした事から、
少し運動を…!!と思っていた矢先だったので、同行することにした。

 

1000m位の山ならば、トレッキングシューズで十分だろう!!と
タカをくくっていたのだが、出かけてみてビックリ。
登山口は雪に覆われて凍り付き、
足元はツルツル滑っておぼつかない。
これはチョットまずいんでないの!?と思ったが、
行けるとこまで行こうという事になった。

 


登山口付近の急登を過ぎると雪も消え、
やがて稜線に出た。
目の前に真っ白に雪を冠った富士山が…!!
絶景である。

 


写真中央にリニアモーターカーが…。
これが完成すれば東京と大阪がグッと近くなる。

 


結構雪が残っていた。
が何とかアイゼン無しでも歩いてゆけた。

 


木々の枝に当たる日の光が少し春めいている。
かすかな春の気配を感じた。

 


山頂近くは、正に雪山の風情であった。

 


山頂にて、権現同人のザックとSLCのタオルマフラー。
しかし、このザック、使えば使うほど愛着がわいています。
又、汗を吸っても革の艶が消えないのは流石です。

 


山頂近くの日当たりの良い場所にて、
富士山を眺めながらの昼食。
至福のひとときである。

 


帰り道、スバラシイ松林に出くわす。
秋のキノコは、かなり期待出来そう!!
しかし、ここまでキノコ狩りに来る体力と気力はもう無い。
残念である。

 

 

1月末の春まだ遠い山梨百名山の山旅でした。

ファミリー登山 ~十二ヶ岳~

ファミリー登山 ~十二ヶ岳~ 2110 1364 tokyopress

結婚をして、すでに40年。しかし、ホントに早いものデスネ!!
新婚旅行も冬の八ヶ岳登山。
40年の節目も迷う事なく山へ…。
ただ、私の体力をおもんばかって標高1200m群馬の十二ヶ岳へ…。
そして、その後温泉というコース。

 

dsc_9452
杉林の中をモクモクと歩きます。
しかし、人気のない静かな山でした。

 

dsc_9453
やがて目の前に十二ヶ岳がドドンと見えてきました。

 

dsc_9457
杉林を過ぎると広葉樹の急登が続きます。
最後の急登で男坂と女坂に分かれます。
私は迷う事なく女坂へ…。

 

dsc_9458
それを登りきると一気に展望が開けます。

 

dsc_9460
浅間山が、まず目に飛び込んできました。

 

dsc_9463
十二ヶ岳山頂です。
ヤレヤレという感じ。
我々の登ってきた道では誰にも会わなかったのに
頂上は結構な人数でした。

 

dsc_9467
360度の景観に誰もが思わずシャッターを切ります。
それにしても天気が良く最高でした。

 

dsc_9464
雪を真っ白にかぶった谷川連峰がハッキリ見えました。

 

dsc_9466
十二ヶ岳と権現同人のザック。
相当使い込みいい感じになってきました。

アファン森の見学会

アファン森の見学会 4288 2848 tokyopress

チョット体調不良で参加できなかったアファンの森。

3年目にして可能となり、黒姫山へと車を走らせました。

高速で予想以上に時間がかかり、午前の部を午後に変更してもらい、戸隠キャンプ場へとハンドルを切った。

3年前のキノコを思い浮かべながら行ってみたのですが、今年は全くダメ。しかし、不思議デスネ~!!

仕方なく前回も利用した手打ちそば「岳」にてキノコソバに舌鼓。

天然のキノコソバ。流石、本場です。ウマイ!!

 

3年目のアファンの森。何だかとっても懐かしい。

入口を入ってすぐ左の小屋から煙が出ていたので松木さんかも…!!と思い小屋の中を覗いてみたが誰もいない。

若いスタッフに尋ねると、3年前に退職されたとの事。松木オリジナルオデンを頂きながら、色々と話したことが昨日の事のように思い出されて少々感傷的な気分になる。

 

imgp1044

岳のキノコソバ、うまそうでしょう!!

 

imgp1060

アファンの森の原木ナメコ。

 

imgp1071

これはシイタケです。キノコステーキにするとウマソウデス。

 

imgp1086

オオッ、アリマシタ。クリタケデス。

 

imgp1204

クリタケゴハンにしたいですネ!!

 

imgp1047

権現同人のザック、やっぱりいいですネ~!!

 

imgp1131

アファンの森の散策。

やっぱりこういう自然の中では、ひときわ権現同人のザックが目を引きます。

 

imgp1148

紅葉はやっと始まったばかり。夏の日照時間が短かったから、紅葉がイマイチでした。

 

imgp1151

ウルシの葉っぱ。重なっていた部分が赤くなっていない。

 

imgp1188

ムキタケの群落見つけました。ナカナカうまそうでした。

 

imgp1237

森の声を聞くシェルター。ここで一休み。C.Wニコルさんが作ったとの事。

 

imgp1241

最後にふるまわれたキノコ汁。ナメコの他にもムキタケ、クリタケ、シイタケ、チャナメと5種類のキノコで作ったとか…。キノコのダシとトロ味が良く出ていて思わずオカワリをする程うまかったデスネ!!

 

しかし、訪ねる度に思うのですが、人が手を入れる事によって蘇るスバラシイ自然。

原生林には原生林の美しさがあるが、やはり人里に近い森とか林は、人が手を入れる大切さをシミジミと教えてくれるアファンの森でした。

 

吉野川源流釣行

吉野川源流釣行 700 468 tokyopress

今年もやってまいりました。吉野川の源流。
ところが、一ヵ月以上雨が降っていないという事で、稀に見る渇水。

dsc_8663
去年いい思いをしたプールもご覧の通り。
か細い流れの水溜り状態。

dsc_8674
遠くから小さなポイントをねらう新庄君。

dsc_8688
最初の沢はルアーで責めてみました。
鞄は、ワックスドコットンのNO.234980

dsc_8696
アマゴではなくアブラハヤが釣れてきました。

dsc_8699
美味しそうなイチゴ発見。
口に入れてみましたが味はイマイチ。

dsc_8721
こんな日は早々に場所を変え本流筋でフライフィッシングの練習。
フライに反応して出てはくれるのですが、
全く食いつきません。

dsc_8712
私のフライフィッシングの道具達。
鞄はNO.234161、帽子はNO.237092のベージュ、
タオルマフラーはNO.230001のキャメルです。

dsc_8728
これはミヤマカラスアゲハでしょうか!?メタリックグリーンの色が
ひときわ綺麗でした。

dsc_8734
今回もお世話になった柊(ヒイラギ)。
釣り宿としては絶好の場所にある。
今回入手した情報によると、この本流筋も
カワウの被害を受け、本当に魚が少なくなったとの事。
魚よりもキノコの話に花が咲く。

dsc_8732
お腹がすいているだろうからと、
まずソウメンを勧められた。
ナカナカうまかったです。

dsc_8731
地元食材で作ってくれた心のこもった夕食。

dsc_8733
新庄君持参の野菜をメインにして
作ってくれた天ぷら。
これもナカナカいけました。

dsc_8745
翌日、本流筋の上流域へ…。
昨日よりは水流もあった。
腰に付けている鞄はNO.130913

dsc_8753
今回はもっと源流をやってみる。
かすかな踏み跡をたどって道なき道を遡る。

dsc_8759
釣果はさておき今年もスバラシイ渓谷での
一泊二日の釣り旅を満喫できました。

近所の林でキノコトレッキング

近所の林でキノコトレッキング 700 468 tokyopress

最近、キノコのレパートリーが、また少し増えた。
先日、大鹿村で見つけたキノコ。よくよく見てみるとカワリハツに間違いなさそうだ!!
コックリとした良いダシが出るとある。
それでは、いただいてみよう!!と思ったのだが、ちょうど夏カレーを作っていたので、てっとりばやくその中にぶち込んでしまった。
したがって、どんな味かは解らない。

そこで今度は、近所の林を散策する事にした。
すると、イヤ~、アリマスネ~!!間違いなくこれはカワリハツですヨ!!

今まで毒キノコだとばかり思っていた身近なキノコが、食べられる!!
コックリと良いダシが出る!!誰も採らないだけに、とても得した気持になりうれしくなる。

DSC_8452
大鹿村より持ち帰ったキノコ。調べてみるとカワリハツのようだ。

DSC_8469
近所の林で見つけました。カワリハツですネ!!

DSC_8479
ナラタケモドキもありました。

DSC_8471
立派なマンネンタケも、あちらこちらに出てました。

DSC_8482
30分位の散策でこれだけ収穫できました。
サテ、キノコウドンでも作ってみますか!?

ハチスカ野生食材料理店

ハチスカ野生食材料理店 468 700 tokyopress

野生の食材に興味を持ち始めて約20年。
山菜、キノコは、そこそこ解るようになってきた。
しかし、実はその後が結構大変なんですネ!!

“どう料理すれば素材を活かし、よりうまく食せるか!?”

これは、釣り・仕事にも言える事なんですが、持って生まれたセンス、これが必要なんですネ!!
これを自分自身で見極めた上で、あれこれ判断しないといけない。
おそらくこれが、一番難しい!!

蜂須賀さんの料理に感銘を受けたのが、10数年前に参加したBE-PALのキノコトレッキング。
初めて食べるキノコの旨さに感動したまんま、今だにその状態は続いています。

さて、そんな感動、感銘の料理が、スバラシイ文面で綴られた本が出ました。
それは、「ハチスカ野生食材料理店」
豊かな日本の自然を背景にした食材と驚きの創作料理。

少しでも興味のある人は、是非読んでみて下さい。
ようこそ!!ハチスカワールドへ・・・!!
そんな世界が綴られています。

蜂須賀さんのキノコ鞄―アーレマンラッツェ―

蜂須賀さんのキノコ鞄―アーレマンラッツェ― 2565 1374 tokyopress

スウェーデンのキノコ鞄に触発されて出来上がった蜂須賀さんのキノコ鞄。

折りしもBE-PAL主催のキノコトレッキングが事の発端だったので、BE-PALオリジナルにおさまりました。
その名も〝アーレマンラッツェ″。

それから10年。再びキノコ鞄の話が持ち上がり、改良に改良を加えたものが出来上がりました。
8月10日発売のBE-PALに卓越した機能とその購入方法が紹介されています。

こんな鞄は、こんな時に購入しないと、まず手に入りません。
BE-PAL御購入の上、キノコ鞄もゲットして頂ければ、これ以上の歓びはありません!!
DSC_8488
まず、こんな感じに広げます。

DSC_8489
スチール板を3枚、こんな感じで通してゆきます。

DSC_8490
次に天部分にテープを通して口元を絞ります。

DSC_8491
そして次に両サイドのヒモを適度に絞り込みます。

DSC_8492
こんな感じで肩にかけ、キノコ採集に出かけます。

アーレマンラッツェ!!スウェーデンの古い法律用語でオールマンズライト!!という意味です。
そしてそれは、自然は皆んなのもの!!と解釈されているとの事です。
イヤ~、いいですネ~!!最高です。

八王子城跡トレッキング

八王子城跡トレッキング 3872 2592 tokyopress

正月からの食べ過ぎ飲み過ぎが祟ったのか、どうにも胃の調子が良くない。
少し歩いてくるか!!
という事で八王子城跡のトレッキングに出かけた。
まずは、ここからスタート。
八王子城跡自然公園の看板の少し後ろの鳥居をくぐって登り始める。

DSC_7318
金子曲輪辺りからの展望。
八王子市から都内のビル群まで見渡す事が出来る。

DSC_7320
八王子神社に到着。

DSC_7325
八王子神社の建物の中に建物が・・・。
イヤ~こんなの初めて見ましたネ!!

DSC_7323
松本曲輪で小休止。

DSC_7326
本丸跡に到着。
しかし、自然の地形を活かしたすごい山城でした。
これを攻め落とすのはチョット大変だったでしょうネ!!

DSC_7332
小宮曲輪での狛犬。
親子の狛犬は初めて見ました!!

DSC_7335
下山途中での白梅紅桜。
見事なほどに満開でした。

DSC_7336
アシダ曲輪も歴史を感じさせる風情がありました。

DSC_7341
御主殿曲輪跡。
季節は夏ではありませんが、
「夏草や兵どもが夢の跡」の詩がおのずと頭をよぎる。
そんな歴史を感じながらのトレッキングとなりました。

DSC_7345
今回のトレッキングにお供してくれたのは、
青年小屋オリジナルの特別バージョンのザックと
シルバーレイククラブ〝130703”でした。
これ位の低山歩きにはピッタリのザックですネ!!