• シルバーレイククラブ公式サイト

吉田ブログ

ウワミズザクラ

ウワミズザクラ 1200 783 tokyopress

サクラという名前なのに、その花はサクラとは
似ても似つかない白いキツネの尾のような花を咲かせる。
そして、その実も又、ブドウの成長の止まったような体で色付き始める。

ある時、この実で果実酒を作ってみた。

そして一年後、口に含んでみた。
さわやかな甘い香りが口中に広がった。
今まで作った果実酒とは、味、香り共に全く違う。

このお酒、「アンニンゴ酒」として
商品化されていると聞いて、なるほどネ!!と
一人悦に入りながら今年も漬け込んでみた。

ウワミズザクラの花です。
所謂、サクラとは全然違います。

こちらはウワミズザクラの実です。
少し黄色く色付いてくる頃がお酒は一番いいようです。

 


ウワミズザクラのお酒
今年も漬け込んでみました。
来年が楽しみです。

monoマガジン ―トキージャハットだよ!―

monoマガジン ―トキージャハットだよ!― 1800 1381 tokyopress

7/16(木)発売のmonoマガジン特集号「真夏の帽子術」
もうすぐ梅雨明け、その準備は出来てますか?
今年は、トキージャハットで…!!

 

 


「真夏の帽子特集」として
P92~107まで何と15Pで特集されています。

 

 


その中に2Pで
シルバーレイククラブのトキージャハットを
バッチリ紹介してくれました。
カラ―を独得の絞りカラ―にしましたので
スリーシーズンは大丈夫です。
こちらの商品はサックスバーオリジナルのため
サックスバー公式サイトにて
詳細をご確認頂けます。

サックスバー公式通販サイト
トキージャハット特集ページ

https://sacsbar.com/fs/sacsbar/slc-345174

 

 

 


今回のトキージャハットを企画するにあたって、
実際に使い込んでみたトキージャハット。
夏場はやはりこれに限りますネ!!

 

 

 


弊社の女性スタッフに…。
予想以上におしゃれ感が出ます。
男性・女性問わず使ってみて欲しいですネ!!

monoマガジン ― フライ、はじめまして ―

monoマガジン ― フライ、はじめまして ― 800 541 tokyopress

休みを利用してフライを巻いた。
16番、18番、20番とサイズを落としながら…。
しかし、これ位のサイズまでは巻ける様になってきた。

ベースは樋渡さんの水面直下のフライを
吉田流にアレンジ(テールを付けてウイングのCDCを増やす)して、
もう少し浮力を強くし、魚が気づきやすいように
ボディにシルバーのティンセルを巻き込み、ヘッドにCDCを巻き込むというもの。

しかし、これがまた釣れるんですネ!!
浮かせても沈めても釣れる。
サイズを小さくして急流を探れば、ヤマメが過敏に反応してくる。

しかし、こんな小さな鉤に鳥の毛を巻いただけで
魚が釣れるなんて…!!
フライフィッシングという釣りを考えた英国人の知恵にはつくづく頭が下がります。
人生の楽しみ方を知ってますネ!!

 

これが今回使用した20番のフックです。

 

20番のフックに鳥の毛を巻いた状態です。
釣れます。

 

6/16発売のmonoマガジン表紙です。

 

 

P75『フライ、はじめまして』のページ

 

P78~79
私の釣りの師匠の山城さんがバッチリ載ってます。
初めてだけどやってみたい方、あるいは興味がある方。
これは読んでみるべし、の本ですネ!!
なんと17ページでのフライ特集です。

 

在宅勤務

在宅勤務 1000 692 tokyopress

サスティナブル、そしてエシカルが主要なテーマとなった令和2年の今年、過去にやった遊悠学ブランドをもう一度読み物として仕上げる事は出来るか!?
という意見に、それならば…。と構想を練っていたら、
“コロナ”という全く新しいキーワードが突然割り込んできた。
4月の緊急事態宣言を受けて、初めての在宅勤務。
一日中家の中に居る時間を利用して、まずは撮りためた写真の整理。
40年以上前の写真には、懐かしさを通り越して感動すら覚えた。
これは、チョットジャンル別に整理してみよう!!
釣り関連、そして山、キノコ、山菜採り等々、
進めてゆくにしたがって、それぞれのストーリーがより明確になってくる。
まずは、日本の美しい自然を舞台にした「遊悠学」から…。

この冊子を読んでビジネスに繋げる事の出来る営業員が何名いるのか!?
なんて事を考えながらまとめています。
しかし、やはり日本の自然は美しい!!

社内向けの冊子ですが、
キノコ、山菜採り用に開発した鞄の紹介を、日本の自然に焦点を当て、まとめています。
その当時の写真があると
結構まとまるもんですネ!!

 

こんなイメージで仕上がってきています。

もう少しで完成です!

実際に使用している写真がふんだんに使われているので臨場感抜群です。

しかし写真って凄いですネ!!

安家川 ― 堰堤の無い天然河川 ―

安家川 ― 堰堤の無い天然河川 ― 1000 750 tokyopress

通い始めた頃の安家川。
堰堤の無い天然河川と言われるだけのことはあり
流れの中にも柳が繁り、川底にはバイカモがビッシリと繁茂し
ヤマメ、イワナの魚影はすこぶる濃かった。
橋桁の下の流れが穏やかなところにはたくさんのカワシンジュガイが見て取れた。
そして、夕暮れが迫ると、川面にホタルが乱舞し始め、正に夢の世界を演出してくれる。

何て美しいんだろう!!

と思うと、同時に、幼い頃自宅の庭で見たホタルの乱舞の情景が重なり合い、
瞬時に幼年時代にタイムスリップしてしまった。

そして、その情景の美しさに、しばし我を忘れて見入ってしまった。
自然が保たれている事の大切さを、この時ほど痛感した事は無かったかもしれない。

これは、たった23年前の岩手の天然河川での出来事である。
しかし、現在、あの頃の面影は、すでに無い。

 

 

川の中にまで柳の木が繁っている。
川底にはバイカモがビッシリと…。
藻の間をぬってルアーを泳がせると決まったようにヤマメ、イワナが襲いかかってくる。
使用している鞄は、シルバーレイククラブが生まれる切っ掛けになったアンビルヘッド。

 

 

 


川面にゆっくりと霧が流れてくる。
幻想的な光景にしばしウットリと眺めてしまう。
日本の自然は、かくも美しい。

アキラクラフトオーナーの秋良さん

「これ位のサイズなら入れ食いで釣れます。本当に夢のような川ですネ!!」

我が家の庭にも春が来た!!

我が家の庭にも春が来た!! 2000 2667 tokyopress

毎年 果実酒の材料として実を付けてくれるニワウメとユスラウメの花が咲き始めました。
ユスラウメは、チョットフルーティーな味のお酒に…
ニワウメは、チョット苦み走った大人の味に…
どちらも毎年楽しませてくれています。

 

 

 


我が家の庭で毎年赤い実を付けてくれるユスラウメの花です。
花は白いですがお酒はウッスラとピンクがかりフルーティーな味に変わります。

 

 

 

 

 


玄関先に咲くニワウメの花。
いかにも、春が来た!!といち早く告げてくれる華やかさを備えています。

 

 

 

 

 


花だけで無くノカンゾウの芽もグングン大きくなっています。

 

 

 

 


こちらはノビルです。
ネギの無い時等
メン類の薬味として使えます。

 

 

 

 

 


こちらはユキノシタ。
庭一杯に繁茂しています。

 

 

 

 

 


こちらはクサイチゴ。
雷がダンダン大きくなってきています。

 

 

 

 

 


こちらはフユイチゴ。
ツルが伸び始めてきています。

 

 

 

 

 


ツワブキも毎年新しい葉を出してくれています。

 

 

 

小さな庭ですが、
つぶさに見ると春の訪れと共に
それぞれの花や若芽が競い合っています。
今回紹介したもの以外にも、ベビーキュウイ、ブラックベリー
ミカン等もこれから面白い変化を見せてくれます。
我が家の春のレポートでした。

つるや釣具店ーハンドクラフト展を終えてー

つるや釣具店ーハンドクラフト展を終えてー 2000 1500 tokyopress

2020年の今年は、コロナウィルスで始まった感が強い。
恒例のハンドクラフト展は、様々な規制が始まる前の開催であったが、
浅草の観光客はずいぶんと少なくなっていた。
それでも、都立産業会館の会場にはたくさんの方の御来場があった。
正に趣味の力の凄さと言えば良いのか!!
そんな中、今回特に印象に残ったものを2~3ご紹介したい。

 

 


まずエクアドル産のトキージャ(パナマ)ハット。
エクアドルの国旗をあしらったこの帽子が
東京オリンピックで正式に決まり、
エクアドルの選手の入場行進の時に着用するとの連絡があったとの事。

 

ちなみにこの度、シルバーレイククラブで
サックスバーオリジナルのトキージャ(パナマ)ハットを発売する事になりました。
カラ―に遊び心を取り入れましたので春夏秋のスリーシーズンは、バッチリ使えます。
又、汗取りのところでサイズ変更も出来るようにしていますので、
57cmから60cm位までは対応可能です。
尚、商品詳細は後に明記します。

 

 

 


次に「原宿ノリエ」さんのブースでクラシックラインを見つけました。
普通のテーパーのフライラインではチョット物足りない。
しかしシルクラインは、チョット敷居が高すぎると思っている人に朗報です。
いちから自分で専用のワックスを塗り込んで仕上げるというこのライン。
どんな感じのフライラインになるのか、今からワクワクしながら仕上げています。

 

 


これも「ノリエ」さんのティペットエンド。
これは、この重さで下にブランと垂れ下がるので
リールからラインをより引き出しやすい。
これは、チョット感動モノデスネ!!

 

 

 


次に柴野さんのフィッシャーマンズカレンダー。
独得の釣りの風景に癒されます。
チビチビウイスキーを口に含みながら柴野ワールドに酔いしれます。

 

 

 


特に1ページ目のこの文章にシビレました。
と、こんな具合に何時もとは、チョット違った発見があったハンドクラフト展でした。

 

 

 

サックスバーオリジナル
〈シルバーレイククラブトキージャ(パナマ)ハットの御紹介〉

 

カラ―は、コン、チョコ、カーキ、各20個限定
サイズは57cm~60cm対応

 

価格は ¥18,000
販売は5月から展開予定
発売前の春頃には商品ページが完成する予定となっております。

その際、改めてこちらのブログ及びサックスバーさんのシルバーレイククラブのページでも

詳しくお伝えする予定ですので、その時が来たら又連絡致します。

 

鱒の燻製 -その2-

鱒の燻製 -その2- 2000 1500 tokyopress

気になる ミッジフライが手元にあったので巻いてみた。
思ったよりも良い出来だ。

となると、試してみたくなるのが人情というもの。

 

1月25日(土)
一人で釣りに行くことにした。
その日が近づくにつれ、日頃の不摂生がたたり、
どうにも車の運転に不安がよぎる。
そこで長女に話をしたら、快く了解してくれた。

 

何時もの神の川。

冬場だから流石に釣り師は少ない。
が魚影は予想以上に濃い。

 

 


まずは今回巻いたミッジフライでトライ。
ドライのイメージでは無かったが、結構浮力がある。
が、フライが小さいので流石に目が疲れる。
たまにアタリはあるが、やはり遅れてしまう。
偏光グラスは、やはり必要か!?

 

 

 


次に樋渡さん直伝の水面直下のフライでねらう。
良い感じでヤマメ、虹鱒が釣れた。
が、ねらい通りには行かず、もう一つしっくり来ない。
水温が低すぎるのだろう。

 

 

 

 


そこでタシロニンフをイメージした小型のオリジナルニンフをチョイスし、
ゆっくりと沈めながら時折誘いをかけるとおもしろいように釣れた。

やはりこの時期は水中ねらいのウェイトをかませたニンフに分があるようだ。

 

 

 

 


釣り上げた鱒は燻製にしてみた。
鱒とは思えない研ぎ澄まされた味に一人感嘆しながらウィスキーを口に含む。
ウ~~ム、ナカナカ、イケル!!

 

 

 

 


しかし今回、流れ込みの浅瀬で50cm近い銀ピカの虹鱒がフライを銜えた。
その抵抗は凄まじく、ロッドが悲鳴を上げるほどに突っ走られた。

 
しかし、、この竿で良く取りこめたものだと
酔いが回るほどにシミジミと思い見つめてみる
「ヨコタロッド」3番、4ピース。

 

私の宝物になりつつある。

 

謹賀新年

謹賀新年 1598 1024 tokyopress

逆光をものともせず、富士山に向かって
シャッターを押したら、写真の左下にクリオネ(天使)が現れました。
今年は良い事が起こりそうな予感がします。

皆様にとりましても良き年でありますよう
御祈り致します。

シルバーレイク事業部
吉田 伸一

つるや釣り具店ー2019年忘年釣り会ー

つるや釣り具店ー2019年忘年釣り会ー 2500 1875 tokyopress

「フライフィッシングをやりたい!!」という人が現れた。
ただ、10月~11月はお互いに予定が合わず12月14日ならば…
という事になり、つるや釣具店オーナーの山城さんに話をしたら、
「是非、やりましょう!!」との即答が…。
それならば齋藤シェフに腕をふるってもらって、
チョット楽しい釣りイベントに…!!という事で各所に連絡したら、
アッという間に参加者が20名以上集まりました。

 

 

 

今回は超ビギナーが8名という事もあり、
山城さんも樋渡さんも気合入ってました。

 

 

 

樋渡さんのレクチャーを真剣に聞くビギナー諸氏。
この日は、天気が良いはずだったのですが、
午前中は強風と寒さの為、かなり厳しい状況でした。
そんな中色々手助けをしていたら、釣りをやっている写真が全く撮れてません。
しかし、こんな事は初めてかも…。

 

 

 

頃合いを見て雲南省宮廷料理人
齋藤シェフが腕を振るいます。

 

 

 

料理が出来るまでの間、樋渡さんから直接指導を受ける浅田さん。

 

 

 

隊長のオリジナルラー油、チョットなめさせて…!!
イヤ~!!メチャ旨いです。

 

 

 

齋藤オリジナル雲南省、具だくさんスープの出来上がり。
これに齋藤オリジナルラー油をかけると、抜群の味になります。

 

 

 

取材を兼ねて大阪からの参加組。
イヤ~、メチャクチャ旨いです。
麦酒にバッチリ合いますね~!!

 

 

 

これから麺行きます。
これぞ宮廷料理の蝦子麺と卵麺です。
食感は日本のどの麺とも違います。
これが、先程のダシと隊長のオリジナルラー油との
相性がバッチリなんですネ!!
一度食べたらヤミツキの味です。

 

 

 

この日が94歳の誕生日の高原さん。
現役バリバリのフライフィッシャーマン。
高橋さんの奥さんからの手作りケーキに大満足の御様子。

 

 

 

最後に記念撮影。
釣りの方は厳しかったけど楽しかった!!
皆そんな表情です。
来年もまた元気にお会いしましょう!!
齋藤隊長、美味しい料理、ありがとうございました。

≪特別に…齋藤オリジナル雲南省特製スープの作り方≫

材料:キノコ3~4種。多いほど良い。(天然のダシの出るキノコならなおさら良い)
鶏肉→骨付きが良いダシが出る。
ブタ肉→油身の多いものがキノコに合う。
その他:八角、花椒、唐辛子、ニンニク、生姜、ローリエ、長ネギで味を調えます。
麺は、雲南省宮廷料理の蝦子麺と卵麺を使用します。