オンラインショップ

今年もお世話になりました。そして来年も宜しくお願いいたします。

「光陰矢の如し」とは良く言ったもので、アッという間に1年が過ぎ去った感じがしています。 しかし、そんな中でもたくさんの歓びの声、そして厳しいご指摘の声に励まされて、 ますます気を引き締めています。 又、東京店の隣に出来たIKETEI VILLAにもたくさんのご来店、 本当にありがとうございました。 又、年末年始のVILLAの営業ですが、年内は本日12月27日(土)まで・・・。 年明けは、1月2日(金)よりOPENしていますので、時間の許す限りご来店下さい。 スタッフ一同、心よりお待ちしております。

クリスマスのプレゼントに…

クリスマスのプレゼントを何にしようか?!とお考え中の方にこれ シルバーレイククラブの限定品「霜降りレザーサイフ」をお勧めします 普通のお店では、まず置いていないレア物のサイフ。 喜ばれる事受けあいです 詳しくは下記、公式ONLINEショップへ… http://www.iketei.co.jp/shopping/products/detail.php?product_id=899 是非、この機会にご利用ください。

高島屋オンラインストアにて その②

高島屋オンラインストアにて その②

今回は 「敬老の日特集」ということで、 我社のCASAR(シーザー)が掲載されました。 1972年にイケテイのPBブランドとして誕生し、 現在まで継続することが出来たのは、 この鞄を指示し続けてくれた熱烈なユーザーのお陰だと思っています。 そのCASAR(バロンシリーズ)を取り上げるにあたり、 新しいCASARが紹介されました。 その一つが地生シリーズ。 日本の牛を日本で鞣し、日本の鞄職人が作り上げた、 これこそ正に made in Japan というCASAR。 そしてもう一つが、ディアスキンシリーズ。 革自体は傷の少ないニュージーランドの鹿革を日本で鞣し、 やはり日本の鞄職人が丁寧に作ったディアスキンシリーズ。 日本で最古の革といわれ、武具甲冑にまで使われた革として有名。 軽く水にも強く、硬くならないという特徴を持つ。 それぞれ独特の味を持つ3シリーズのシーザー。 是非この機会に高島屋 ...[Read More]

高島屋オンラインストアにて・・・

この度、 高島屋オンラインストアにて シルバーレイククラブが立ち上がりました 9号帆布とオイルレザーが中心ですが、 今後おもしろい企画も考えていますのでお見逃し無く!! 又、 6月20日の父の日にはオイルレザーの小物が結構売れたようです 流石、高島屋さんですネ!! これからも高島屋オンラインストアをヨロシク 高島屋ならではのサービスもバッチリです。 高島屋オンラインストアはこちらへ

株式会社フジヤ

高松市南新町にある老舗鞄店のフジヤ。 広い店内には各メーカーの商品が所狭しと並べられている。 そんなお店の二階の階段を上がったところに、 この度シルバーレイククラブの売場が出来上がりました。

株式会社スミレヤ 十三店

インターネット通販を立ち上げ、2年少々経った今、ネット販売の売上が急成長しているお店の1つです。 店で購入する事も出来るし、インターネット通販も可能、 というそんなお店が今、急成長をとげています。 正に、対応できるマーケットを日本全国から世界へ・・・ というそんな時代がすでに始まっています。 どのお店が、どんな魅力的で説得力のあるページが作れるか、 そして又、以下に機敏に対応とサービスを提供できるか、 正にその部分がこれからのビジネスの一大テーマとなってきています。   そんな方向性に沿って、売場作り及びにページ作りをはじめている十三の「スミレヤ」。 シルバーレイククラブのページも立ち上がりました。 これからのページの拡大に期待しつつ、皆様にご紹介いたします 。    

シルバーレイククラブ ファーストSHOP

40坪ほどのスペースを有効利用したスコットランド風の パブandレストランと鞄が合体したSHOPです。 正に小池氏のこだわりがギッシリと凝縮された夢の空間です。  彼独特のこだわりの料理に舌鼓を打ちながら、使用目的に合わせた鞄をジックリと選んでみてください。 とにかく、総てのシルバーレイククラブを見ることが出来る唯一のSHOPです。

エビスヤ 富士

地方の路面専門店でありながら、 高い売場をキープし続けているエビスヤ。 人口も24万人位という厳しい条件の中で シルバーレイククラブの高額品が売れ続ける原因は正に、 この商品にかけてくれているオーナーの気持ちでした。 昔ながらの専門店のシャッターは次々と下り まず集客は望めなくなった中で、わざわざ探してまで買いに来てくれる商品は、 印伝とシルバーレイククラブだけだったと聞かされました。 今、売れているという商品を色々と入れてみたが、 まったく反応が無く、この2つの商品に賭けるしか方法がなくなった時、 正に新しい方向性が見えてきたと、この店のオーナーから聞くことが出来ました。

株式会社あぶらや 本店

福井市の油谷商事。 知るひとぞ知るカバン・ハンドバッグの老舗専門店である。 バブルが弾けて以来、専門店のパワーが一気に落ちてゆく中で、時代の変化もものともせず、 好調ぶりをキープしている全国でも数少ない専門店である。 そんなお店の本店にこの度、シルバーレイククラブが大々的に導入されました。 ショーウィンドにきれいに並べてもらっております。  

アメ横プラザ モトヤマ

上野のアメ横のビルの中にありながら、 シルバーレイククラブがビッシリと並べられています。 またここには、団塊世代の人たちのこれからの”遊び”に対応した「権現同人」「遊悠学」までもが取り入れられ、 正に『遊びの鞄』の玉手箱的売場になっています。 何ともまか不思議な売場ですので、 他には無いものをお探しの方には一見の価値アリ、かも・・・。 とにかく私が特にこだわった(変わった)ものが一番売れる都内で唯一の売場となっています。 こんな感じで、ビシッリとこだわりの鞄が並んでいます。