未分類

陣馬山登山

陣馬山登山

ボチボチ釣りでも…と思っていたのだが、 カミさんの強烈な誘いに負けて山行となった。 中央道の藤野インターで下車し、 和田の里体験センター前の駐車場に車を停め、 ここから一気に山の神を目指して登る。   梅の花が春を告げていた。   しばらく急登の杉林が続く。 思わず写真を撮る。 手入れが行き届いている。   醍醐丸までもうすぐだ。   和田峠の茶屋。 駐車場代が少々高い。   和田峠からの登り。 陣馬山山頂まで木道が続く。   山頂に到着。 何時ものように権現同人のザックと SLCのタオルマフラーで記念撮影。   山頂に茶屋が2軒。 どちらも登山者で一杯。 この山の人気がうかがえる。   下りは随分と整備されていた。 陽気なアジア系の人達が 「コンニチワ!!」を連呼しながら登って行った。 日本の山もインターナシ ...[Read More]

シルバーレイククラブのベルト

シルバーレイククラブのベルト

栃木レザーの1枚革のベルト。   一度販売終了としたのですが、使い込んだ人達から もう一本欲しいという要望が寄せられました。 企画者冥利に尽きるご要望ですので、それでは!!   とばかり、今までのものより、より締りを重視したソフトタイプとし、 オイルもしっかりと入れ、今まで以上に丁寧に仕上げました。 バックルも一から型を起こしたオリジナル。 コンパクトに見えますが、ピンの位置を少し下げて 革の厚味のふくらみを抑えるように考えました。 又、付属として付くキーホルダーも、 ベルトをしたまんま着脱出来るように改良を加え、 より使用感を高めています。   そして又、御要望頂ければ、イニシャルはサービスにてお入れしています。   自分へのご褒美に…そしてお世話になった方への プレゼントとして御利用頂ければ幸いです。   サイズは3サイズ。 L―85㎝ ...[Read More]

つるや釣具店・新春フライタイイング教室

つるや釣具店・新春フライタイイング教室

昨年末にやったフライタイイング教室。   スパイダーパターンが、初めての人にも結構 いい感じで作れたので、「忘れない内にもう一度…」という リクエストが上がり、それでは新春に再チャレンジしましょう!! という事になりました。   今回は、インフルエンザ等で参加者は少なめでしたが、 それでも皆真剣に聞き入っていました。   前回巻いたギニアフォールスパイダー(ホロホロ鳥)   今回はこの3パターン。まず左端の①番が ヘンフェザントパラシュート。 メスのキジの羽で作ったスパイダーパターンです。 そして真中の②番が、コックフェザントボディパラシュート。 オスキジのシッポの羽をボディ材にしたパラシュートフライ。   で右端の③番がコンドルボディパラシュート。コンドルの羽を ボディ材にしたパラシュートフライ。 シリにヌケガラ(シャック)を取り付けてい ...[Read More]

つるや釣具店・年忘れタイイング教室

今年も色々ありましたが、アッという間の一年でした。 その締めくくりとして、一年中釣れて、しかも簡単に巻けるという フライのタイイング教室を…という声がどこからともなく聞こえてきましたので、 実行に移すこととなりました。 今回は2パターン。 1つは、ギニアフォールスパイダー。 そしてもう1つは、CDCカディス。   今回は、初めて…という人が2人いましたので、 巻くのは簡単だけど釣れる!!というフライを練習しましょうという 説明がありました。   それでは、まずスパイダーパターンを巻いてみましょう!!と 山城先生の実演です。 皆、真剣そのものです。   出来ました!! しかし、これクモにも見えますよネ!!と斉藤さん。 イヤ~、ナカナカうまく巻けてます。   初めてにしては、ナカナカの手つきで巻いていました。 来年はそのフライで、是非でかいやつを釣ってく ...[Read More]

つるや釣具店FFを楽しむ会

つるや釣具店FFを楽しむ会

場所は道志の神之川。フライフィッシングの練習の場としては最適といえる。 今回は、弊社の得意先の人から、フライフィッシングをやりたいとの要望があり、 急遽開催の運びとなりました。   すでに紅葉が始まっていた神野川   赤いオリジナルのMYバッグで釣りを楽しむ高橋さん   この釣り場ではSLCのMYバッグをよく見かけるようになりました。 フライフィッシング用に開発されたショルダーです。   ロッドを手元から持って行こうとするほど引きでした。 管理釣り場とはいえ、かなりエキサイトしてしまいます。   今回特別指導の元、いい釣り体験が出来た若人二人。 向かって左が我らが師匠の山城氏。 この人の指導を受ければ上達が速いです。   愛用の鞄達。使い込むほどに、又新しいアイディアが生まれてきます。 シルバーレイククラブの変わらない物作りのスタ ...[Read More]

長良川河口の隠居ハゼ

長良川河口の隠居ハゼ

隠居ハゼの話を聞いて、チョット本気モードになってきています。 30㎝近い落ちハゼ。刺身、テンプラ、煮つけ、そして塩焼き。 とにかく、どんな料理にしてもうまい。 それを釣るには、12月との事であるが、12月はチョット時間が取れないので 10月に…。 隠居ハゼは無理でも隠居に近いハゼは釣れるかも…!! という事で、今年で二回目。東名をひた走って長良川まで。 何もハゼを釣るのに埼玉から愛知まで走らなくても…!! と思われるかもしれませんが、釣りの楽しみの他にここのシジミと 海釣り師匠との年一回の再会があるんですネ!! 又、河原にテントを張って釣り上げたばかりのハゼを天ぷらにして食べる。 これがまた、なかなかのものなんですネ~!! ということで、すでにここは、長良川の河口です。 到着と同時に河原にテントを張ります。 今晩の食材の確保に皆真剣そのものです。 ダブルでヒット。 隠居に近いハゼが釣れまし ...[Read More]

夏の終わりのコンサート

夏の終わりのコンサート

_八ヶ岳青年小屋にて…_ ある日、人づてに送られてきた「遠い飲み屋」のTシャツ。 今年は、体調を整えて是非来てください!!と強烈に アピールしているように感じた。 これは、何が何でも行かなくっちゃ!! 今年は残念ながら雨の中の登山となりました。 青年小屋オリジナルのザック(左)と 遊悠学のザックのそろい踏み。 苔むした原生林にはやはり自然素材のザックが 似合います。 あまりに自然が綺麗でしたので 写真を一枚。 いい感じです。 タマゴダケゲットの鹿糠さん。 でかいキノコ見つけましたが食べられません!残念! 西岳山頂にて記念撮影。 スギタケ見つけました。かなりうまそうです。土から生えているものはダメ。木から生えているものはOKです。とは、植野さんよりの情報です。 青年小屋に到着後、食事を終え、メインイベントの 夏の終わりのコンサートの始まりです。 まずは小屋オーナーの竹内さんの挨拶から…。 編 ...[Read More]

つるや釣具店・FFとキノコトレッキング

つるや釣具店・FFとキノコトレッキング

―野生食材料理店・店主 蜂須賀さんの登場です― 発表が随分と遅くなってしまいましたが、今年も7月の初めにつるや釣具店の釣りとキノコ のイベントを開催しました。 フライフィッシングは、何時ものように道志村の神ノ川にて… 今年は、地産の野菜と蜂須賀さんが持参してくれたキノコは無論の事、鹿・イノシシの他に 最高の熊肉も入手し、大いに盛り上がりました。 では早速、蜂須賀野生食材料理店へご案内します。 ドドーンと熊の肉。 最高の熊肉との事でした。 早速料理を始める蜂須賀さん。   キノコの名前聞いたのですが忘れました。 土の臭いのするキノコでしたが、食感は正にマツタケ!! こんなキノコ初めてですネ!! 今回は釣り上げた鱒で定番中の定番の鱒の塩焼きも…。 蜂須賀さんが持ち込んでくれたキノコ。これも名前解りません。スミマセン!! 途中で採れたシオデ(野生のアスパラガス)をうまく使った鹿肉のソテ ...[Read More]

トキオアキラプレミアム

―新色登場― トキオアキラプレミアムに新色が出た。 コンとワインである。 アウトドア色は維持しつつも、よりファッショナブルに・・・。 そのイメージをさり気無く、そしてそのままに見る人の気持になって作り上げてもらったページが「ヘイルメリーマガジン」の創刊号。 シルバーレイククラブも今、アウトドアからアーバンアウトドアへ・・・。 そのイメージがスバラシイ画像で表現されています。発売は4月30日、もうすぐです。 是非雑誌も鞄もそれぞれの店頭にて・・・!!御確認下さい。

シルバーレイククラブの帽子

4月は、シルバーレイククラブの帽子販売強化月間にしています。 5月のゴールデンウイーク前という事もありますから、陽もどんどん長くなり、外出の機会も多くなる。 そして、日増しに紫外線も強くなってきます。 OUTDOORの遊びに夢中になって45年。 その間に様々な経験を積んで来ました。 そして自分なりに実体験してきた事をベースにして、今、これが一番ベターでは・・・!?という結論を形にしています。 無論、新しいものを否定する訳ではありません。 しかし、長く使い続ける事を前提にした場合、時間と年月にさらされながらも、今だに続いている素材、あるいは物は、それなりのメリットとポリシーに裏打ちされていると思います。 私はそれを「本物」と位置付けているのですが、そんな本物に共鳴してくれる人が一人でも多く増える事を願って、今日も鞄と同素材の帽子の販売に全力を上げています。 是非一度御試し下さい。 丸の内オア ...[Read More]