tokyopress

帆布の鞄

帆布の鞄

「今まで色んな鞄を使ってきたが、これがピカイチです。是非、再販して欲しい。」 というメールと共に、イケテイVILLAに実際に使用している鞄を2個持ち込まれて、 この鞄の使い勝手の良さを熱く語ってくれたNさん。 又、後日、北海道の旭川から来たという方から、 「この鞄はもう無いですか?」とやはり同じショルダーを持参してVILLAに来店された。 これはもう作るしか無いでしょう!!という事で企画に入りましたが 全く同じものでは面白くないのでA4サイズの横型は出来る限り忠実に再現し、 そして同サイズの縦型は、ショルダーからリュックに変更し、 3つ目のB5サイズは、この2つの動きを見て決める事にしました。 仕上がりは2つ共に手前ミソですが、仲々良い感じでアリマス。 商品の上がり予定は2月末。 御期待下さい。 NさんがVILLAまで持ち込んで熱く語ってくれたショルダー2点。 おかげ様で新型が2型増えまし ...[Read More]

ファミリー登山 ~今倉山(山梨百名山)~

ファミリー登山 ~今倉山(山梨百名山)~

年の初めに山に登るというのがここ数年前より我が家の恒例となってきた。 ただ今回は次女が新年会と重なった為不参加。 総勢4名での登山となった。 登る山は、雪が無く富士山が綺麗に見える所という事で「今倉山」にしました。 私と長女は、今倉山まで登り、そこから真っ直ぐ下山して車を回し「芭蕉月待ちの湯」の温泉に入りつつ、 カミさんと三女が縦走してこの場所まで来るのを待つという設定。 “温泉でユッタリ”という言葉に釣られての登山でありました。 この日は、スコブル天気も良く 空のブルーが木々の梢を芸術品のように見せてくれた。 途中の休憩時に…。 今回は、シルバーレイクのヘリンボーンのリュックで…。 今倉山山頂にて…。 お気に入りのイエローのタオルマフラーと一緒に写す。 山頂付近の巨大なブナの木。 葉が繁るとグリーンの光のシャワーを感じることが出来る。 下りの途中で富士 ...[Read More]

〈四国八十八か所〉

〈四国八十八か所〉

今から38年程前、自分の生まれ育ったところから凄い人が出ていることに気づき、 せめて人生の最後に四国八十八ヶ所の寺を巡りたいと思いました。 がしかし、普通に回るのはチョット面白くないので 釣りとキノコをベースにして、出来る限り自給自足の旅をという事で 釣りとキノコの研鑽を積んで来ました。 「四国の八十八ヶ所巡り。アウトドアライフの勧め!!」 アウトドアライフの旅となると鞄は必需品。 そこでこの旅のテーマを「釣りとキノコと鞄の旅」とする事に決めました。 私の最後の旅に相応しいものになるか否か!? 1200年の時を経ても尚、衰えない空海の足跡、四国八十八ヶ所、88の寺を紹介しながら、 日本の文化と共に天然素材の鞄達を自然な形で紹介してゆければいいなと思っています。 さあて、どんな旅になるのでしょう!! 後2年で70歳か!!と思うと 88ヶ所の事が気になり何気なく集めていた資料を引き出してきて眺 ...[Read More]

丸の内 丸善本店 ~エスカレーター前のプロモーション~

丸の内 丸善本店 ~エスカレーター前のプロモーション~

丸の内丸善の4階の洋書売り場のエスカレーターで上がったところに シルバーレイククラブがディスプレイされました。 期間は1月10日~1月23日まで…。 普通の時は御見せ出来ない商品群も色々と取り揃えています。 東京駅方面へ行かれる折は、是非御立ち寄り下さい。 エスカレータ―を上がったところに 9号帆布とネイビーシリーズとヘリンボーンをディスプレイ その右側にオイルレザーシリーズの小物と 鹿革のキンチャクと帽子がバッチリ揃っています。 御買い得品も準備しましたが無くなり次第終了となります。 気になる方、御早目に…。

年頭のご挨拶

年頭のご挨拶

あけましておめでとうございます。 今年も相変わらず、登山、釣り、キノコ狩りと体力の続く限り頑張りたいと思っています。 そんな楽しみの中から、又新しいアイデアの鞄が生まれる事を信じて…!! 時間の取れる方、是非イベントにも参加してみて下さい。 新しい世界が広がるかもしれません。  

年末のご挨拶

今年もアッという間の一年でした。 しかし、歳を重ねる度に、一年がより早く感じるのは不思議です。 今年はシルバーレイククラブにも新しい動きがありました。 まず雑貨というくくりでオイルレザーのベルトポーチが解りやすく取り上げられ、 取扱店舗がずいぶんと増えたこと。 まず、毎日使うものだから頑丈に…、という事で 縫製部分をできる限り少なくし、5番の太糸でガッチリ縫っています。 そして尚かつ内生地に革を使用したオールレザーのベルトポーチという、チョットありえないこだわりを取り入れました。 カラ―は、クロ・チョコ・コン・アカの4色。(クロは4月以降の販売となります) 是非、年末年始、自分用あるいは又、お世話になった方へのプレゼントとしてご検討ください。 (スミマセン!!年末のご挨拶が商品説明になってしまいました。チョット気持ちが入り過ぎましたかネ!!) さて、今年は、大変御世話になりまし ...[Read More]

タオルマフラー

タオルマフラー

学生時代から続けている登山。 その登山の中に取り入れた釣りとキノコ狩り。 どの遊びにも必要だったのが汗拭き用のタオル。 つい最近まで、汗拭き用のタオルを首に巻いて使用していたのですが、 少々短いので、何時の間にか紛失してしまうことが多かった。 そんなある日、次女から今治タオルのタオルマフラーをプレゼントされた。 使ってみると至極快適だ。 まず、チョットおしゃれにマフラーとして使用出来る。 少々古くなれば、冬場寝る時に首に巻いておくととても暖かい。 肌ざわりは流石にオーガニックコットンだけのことはある。 すこぶる良い。 それにタオルとしての実用性もなかなかのものだ。 まずoutdoorでの汗拭きタオルとして… フィッシング時の魚を採り込んだ後の手拭き用に… 夏場の渓流釣りにて沢の水に浸して首に巻くと何と気持ちの良いことか…。 はたまた夏場の船釣り、クーラー ...[Read More]

神之川・フライフィッシング -最高の贅沢を満喫-

神之川・フライフィッシング -最高の贅沢を満喫-

今年最後の釣りを裏丹で…という呼びかけに集まったのが私を入れて5名。 その日は天気も良く最高の釣り日和となりました。 紅葉が水面に映えてすこぶるいい感じでした。 SLCのワックスドコットンのハンチングとショルダーをセットに釣りを楽しむ内藤さん。 仲々決まってます。 しかしこの川の透明度はナカナカ良いでしょう!! 斎藤さんの釣り姿。 左ききでのバンブーロッド操作。独特です。 ハットはオイルパラフィンにレザーベルトを装着しています。 森さんの釣り姿。 今は廃番になってしまったリバーエルフを使ってくれています。 ハットは激シブのゲートルシリーズ。 三女の釣り姿。 リバーエルフのショルダーにワックスドコットンのハット。 今回は彼女が竿頭になりました。 何時の間にか腕を上げています。 で、何時もの楽しい昼食。 今回はハタケシメジが採れたので、 ハタケシメジと虹マスを使った料理にチャレンジ ...[Read More]

京都大丸にて

京都大丸にて

学生時代の想い出の地、京都。その都の真ん中にある百貨店、京都大丸。シルバーレイククラブを立ち上げて約8か月が経ちました。 どの売り場も効率重視の風潮の中にあって、それ以上に独自色をもっと鮮明に出したいとの熱い要望があり、 それならば、と今回は栃木レザーを全面に推し出しての対応となりました。 今までの経験値を総て導入し、「使いやすい」をテーマに仕上げました。 素材はベジタブルタンニン鞣しの栃木レザー 使い込むほどに艶感の出る革本来の味を楽しんで頂ければ…と思います。 京都大丸先行で立ち上げました。 〈こだわりのポイント〉 前ポケットをマグネット式にし開閉をスムーズに…。 ファスナーが大開きですので、ペットボトル、文庫本等の出し入れも容易です。 真ん中のファスナーポケットを可動式にして大きなものも収納可能にしました。 チョット手持ちしたい時にも対応できる様ハンドルを装着 ...[Read More]

続・ツインロッド

続・ツインロッド

前回吉田ブログにて紹介したルアーでもフライでもOKのロッドを握りしめて試し釣りに行きました。 とにかく何が何でも釣り!!では無くて 「遊びの中に釣りを取り入れたい!!」 例えば、登山、あるいはキノコ狩りの途中でチョコっと竿を出してみたい!! そんなシーンでの釣りなのでザックに収まるサイズのパックロッドであること。 そして、ルアーでもフライでも釣ることが出来ること。 そんなロッド出来ませんよネ~!!とつるや釣具店オーナーの山城さんに話したら、「出来ますヨ!!」との事。 しかし、実際にやってみたら予想以上に大変だったようで 1本のロッドを仕上げるのに2本のロッドブランクが必要だったとの事。 フライロッドでありながら5フィート4インチ(約162cm) 正に源流仕様。しかし、ホントにこれでフライラインがうまく飛ぶのかな!? そのロッドの試し釣り、という事で 何時もの裏丹沢の管理釣り場に向かっていた ...[Read More]