• シルバーレイククラブ公式サイト

Posts By :

tokyopress

ハチスカ野生食材料理店

ハチスカ野生食材料理店 468 700 tokyopress

野生の食材に興味を持ち始めて約20年。
山菜、キノコは、そこそこ解るようになってきた。
しかし、実はその後が結構大変なんですネ!!

“どう料理すれば素材を活かし、よりうまく食せるか!?”

これは、釣り・仕事にも言える事なんですが、持って生まれたセンス、これが必要なんですネ!!
これを自分自身で見極めた上で、あれこれ判断しないといけない。
おそらくこれが、一番難しい!!

蜂須賀さんの料理に感銘を受けたのが、10数年前に参加したBE-PALのキノコトレッキング。
初めて食べるキノコの旨さに感動したまんま、今だにその状態は続いています。

さて、そんな感動、感銘の料理が、スバラシイ文面で綴られた本が出ました。
それは、「ハチスカ野生食材料理店」
豊かな日本の自然を背景にした食材と驚きの創作料理。

少しでも興味のある人は、是非読んでみて下さい。
ようこそ!!ハチスカワールドへ・・・!!
そんな世界が綴られています。

【雑誌掲載】MADURO

【雑誌掲載】MADURO 3603 2338 tokyopress

2016年8月23日発売のMADUROにSILVER LAKE CLUBのショルダーバッグ掲載されております。

p.122 SILVER LAKE CLUB NO.134101

蜂須賀さんのキノコ鞄―アーレマンラッツェ―

蜂須賀さんのキノコ鞄―アーレマンラッツェ― 2565 1374 tokyopress

スウェーデンのキノコ鞄に触発されて出来上がった蜂須賀さんのキノコ鞄。

折りしもBE-PAL主催のキノコトレッキングが事の発端だったので、BE-PALオリジナルにおさまりました。
その名も〝アーレマンラッツェ″。

それから10年。再びキノコ鞄の話が持ち上がり、改良に改良を加えたものが出来上がりました。
8月10日発売のBE-PALに卓越した機能とその購入方法が紹介されています。

こんな鞄は、こんな時に購入しないと、まず手に入りません。
BE-PAL御購入の上、キノコ鞄もゲットして頂ければ、これ以上の歓びはありません!!
DSC_8488
まず、こんな感じに広げます。

DSC_8489
スチール板を3枚、こんな感じで通してゆきます。

DSC_8490
次に天部分にテープを通して口元を絞ります。

DSC_8491
そして次に両サイドのヒモを適度に絞り込みます。

DSC_8492
こんな感じで肩にかけ、キノコ採集に出かけます。

アーレマンラッツェ!!スウェーデンの古い法律用語でオールマンズライト!!という意味です。
そしてそれは、自然は皆んなのもの!!と解釈されているとの事です。
イヤ~、いいですネ~!!最高です。

白いトランク

白いトランク 600 401 tokyopress

白が流行色だというので、ショルダーを一点作ってみた。
予想以上にインパクトがある。
若い女性に持ってもらうと予想外に決まる。
これは・・・!!ミニトランクにも合いそうだ!!

DSC_8485
OUTDOORテイストで作り込んでいたショルダーをホワイトにしただけで、
こんなにイメージが変わります。チョット、ビックリ。

DSC_8095
それでは・・・とミニトランクも作ってみた。
B5サイズとミニサイズ。
グローブトロッターみたいでかっこいいです。
値段もオールレザーで¥28,000と¥40,000。安い!!

発売はクリスマス頃にしたいと思っているのですが、
ベージュは特注生産になりそうです。
欲しい方、早目に注文を出して下さい。
現在で2~3ヶ月位かかると思います。

◎お問合せ イケテイVILLA

シルバーレイククラブ動画作成

シルバーレイククラブ動画作成 600 401 tokyopress

「チョット新しいアピールの方法を考えていましてネ!!
協力していただけませんか?」

私のフライフィッシングの大師匠からのお願いである。
「何か新しいこと・・・!!」には人一倍興味のある私は、
一も二もなく承諾しました。

まずは動画を作成して、それをどう宣伝広告に結び付けてゆくか。
一人でも多くの人に認知してもらおうという試みが始まりました。

DSC_7997
場所は裏丹沢渓流釣り場。

DSC_7930
それぞれが釣り場に向かいます。
鞄、帽子は必需品です。

DSC_7925
マンツーマンで山城師匠が指導します。

DSC_7959
きれいな山女魚が釣れました。

DSC_8005
楽しい昼食の時間です。

DSC_8004
弁当の他にソウメンを作ってみました。
意外と好評でした。

DSC_8009
食後、鞄も動画の中に・・・。
ロイヤルハリーシリーズです。

DSC_8012
トキオアキラJAPANシリーズとハリージェーミソンのロッドケース。
中にハリーさんに作ってもらった特注のバンブ―ロッドが入ってます。
私の宝物の1つです。

DSC_8014
こちらはワックスドコットンシリーズ。
私の愛用品です。

DSC_8017
朱子シリーズのリュック。
今年の秋口から販売が始まります。
是非使い込んでみて下さい。

DSC_8018
MYレザーのリュック。
出来上がったばかりです。
素材は、ベビーバッファローです。
軽く丈夫です。私のお気に入りの素材です。
こちらのリュックの御問い合せはつるや釣具店か
イケテイVILLAへ・・・。

試し釣り

試し釣り 700 468 tokyopress

つるや釣具店オーナーの山城さんから、釣りだけでなく、鞄、キノコ、野生食材の料理等々に関連付けて
「人生を楽しんでいる動画を撮りたい!!」ので、是非協力をお願いしたいという依頼がありました。

この人の申し出ならば、一も二も無く了承したいところですが、1つだけ不安要素がありました。
それは、源流用に・・・との事で、つるやさん経由で作ってもらった4ピースで7フィート3番の横田ロッド。
出来ればこのロッドを使いたいのですが、大きな河川では、チョットパワー不足を感じていました。
さて、どうするか!?
これは、本番前に試し釣りをしておいた方がいいかも・・・!!

DSC_7827
何時もの裏丹沢渓流釣り場。今日は、上流のキャッチandリリース区間で試し釣りをやります。

DSC_7848
運転代行で来てくれた長女も、モクモクと釣っていました。

DSC_7860
ライン操作も結構サマになってきています。

DSC_7872
本日2匹目のヤマメ。
全く問題なくヤマメのアタリが取れました。
チョットパワー不足気味かな!?と思っていたのですが、
ヤマメHがちょうど良いプレゼンテーションになっているようでした。

DSC_7876
何度も釣り上げている内に、アルビノのヤマメがヒット。
オレンジ色がすこぶる綺麗でした。

チョットパワー不足と思っていた竿が、
ヤマメにはちょうど良いプレゼンテーションになっていた事と、
水面直下を釣る時に巻いたフライをCDCを多目にしてドライ仕様にする事で、
ヤマメの反応がすこぶるいい事に気付きました。

今日の試し釣り、この二つの収穫があり大満足の釣行となりました。

裏丹沢渓流釣り場

裏丹沢渓流釣り場 700 468 tokyopress

カミさんと長女と次女は山へ・・・。私と三女は川へ・・・。
山組は檜洞丸(ヒノキボラマル)へ・・・。
川組は神ノ川(カンノガワ)へ・・・。

DSC_7752
何時もの神ノ川。
フライの練習にはもってこいの川です。
新しく巻いたフライを色々と試しています。

DSC_7751
山は緑にあふれ、すでに初夏のイメージでしたネ!!

DSC_7772
三女の釣り姿。特別に教えた訳ではないのですが、
結構うまくなっています。ヒップバッグはワックスドコットンのNo.234980。
同素材のハットでセットアップしています。

DSC_7726
尺岩魚の強烈な引きを堪能していました。

DSC_7747
チョットスリムでしたが仲々美形の岩魚でした。

DSC_7749
私の竿にも綺麗な山女魚が・・・。

DSC_7764
昼食中に写しておいた写真ですが、濡れたフライを乾かす為のBOXを
前ポケットのフラップ部分にセットしてみました。
使い勝手を確かめながらのMYバッグ改良案、模索中です。

ベビーキューイ

ベビーキューイ 700 468 tokyopress

ある日、近所の大きなホームセンターへファミリーで行っている時、ベビーキューイなるものが目に止まった。
説明書を読むと、果実は小さいが皮ごと食べられる、とある。
実をもいで、そのまんま食べられるキウイ!!
これは是非共食べてみたい!!という事で購入しようとしたら、次女がプレゼントしてくれた。
これはおいしいキウイが実りそうだ。

DSC_7716
左側の葉っぱの大きいのがオス。
去年の11月にやっと手に入れた。
右の葉っぱが小さくてポールの上まで伸びているのが次女からのプレゼントのメス。
3年ごしでやっとオス・メスの苗がそろった。実のなる日が楽しみ・・・デス!!

別注商品 B5サイズショルダーバッグ

別注商品 B5サイズショルダーバッグ 700 468 tokyopress

東急ハンズさんの別注でお作りしたA4サイズの横型ショルダーが
昨年の6月に発売され、ちょうど1年が経ちます。
その間、色々な意見、情報を元に仕上げたのが、
A4立型の手付ショルダーで、リュック使用も出来るすぐれ物です。
これは事前に吉田ブログで紹介済みです。

そして今回紹介したいのが、B5サイズの横型手付ショルダー。
このサイズ感。実際に持ってもらうと仲々絶妙なサイズです。
タウン用、あるいは旅行時の貴重品入れとしても活躍してくれそうです。

DSC_7786
試みに若い女性スタッフに持ってもらうとこんな感じです。
仲々いい感じです。赤なんかあったら最高!?カモ・・・。

DSC_7781
正面からみるとこんな感じです。
スッキリしています。

DSC_7785
口開きは大きくカバッと開きます。
一眼レフカメラにも重宝しそうですネ。

DSC_7782
底はご存知のウレタン入り。カメラ等意識して作り込んでいます。

DSC_7783
前ポケットの内側にもこだわりのポケットが・・・。
スマートフォンと文庫本とペン、
そしてキーホルダー用のDカンが付いています。

展開店舗についてはお問い合わせください。

東急ハンズ新宿店2FにてSLC×アキラクラフト

東急ハンズ新宿店2FにてSLC×アキラクラフト 468 700 tokyopress

念願だった東急ハンズ新宿店2Fの特設催事売場にて初めてシルバーレイククラブのイベントが行なわれる事となりました。

イベント的には、アキラクラフトとシルバーレイククラブのハイグレードゾーン、
そして意を決して作り込んだハンズオリジナルの商品群を1人でも多くの人に見ていただく事がテーマです。
アキラクラフトは、渓流の魚達と蝶々、そして最近作り込んでいるキノコ等々。
シルバーレイククラブはトキオアキラJAPANとプレミアム。
そしてロイヤルハリーとオイルレザーのトランクのカラーオーダー受注会。
そして3型4色展開のハンズオリジナルと、今までにない品ぞろえでイベントを行います。
期間は6月18日~7月8日までですが、初日の18日(土)~19日(日)の2日間は、アキラ氏と私、吉田、
そしてSLCのスタッフも売場に居ますので、是非御来店下さい。

DSC_8039
アキラクラフトの作品群。

DSC_8068
トキオアキラJAPAN

DSC_8069
トキオアキラプレミアム

DSC_8070
ロイヤルハリー

DSC_7119
オイルレザーのトランク
カラー受注お受けします。
(カラーはアカ、コン、ベージュ)

DSC_8045
ハンズオリジナル