• シルバーレイククラブ公式サイト

Monthly Archives :

1月 2019

御来光

御来光 2000 1339 tokyopress

1月1日の早朝、子供の頃の遊び場だった故郷の山へ向かいました。
初日の出を見ようと地元の人達の集い来る場所です。

 

 


未だ夜が明けきらない内に実家を出ました。

 

夜明け前の象頭山の姿です。
金毘羅さんの山として有名です。

 

地元の人達が焚火に手をかざしながらお神酒を…
私も仲間に入れてもらいました。

 

初日の出に見入る人達。
今年も良い事がありますように…!!

 

私の父親の石碑です。

 

石碑の横のケヤキ。
父の記念樹だという事を
初めて聞かされました。

 

御来光の帰り道。懐かしい風景をカメラにおさめました。
誰に言われた訳ではないのですが子供の頃よりこの山並みを見るにつけ、
観音様の寝姿に見えていました。
向かって右より、顔があり、喉仏があり、お腹があり足がある。
そんな風に見えませんか?

 

今年も良い年になりますように…!!

シルバーレイククラブの原点を垣間見る

シルバーレイククラブの原点を垣間見る 2718 1587 tokyopress

シルバーレイククラブは、フィッシングをベースにした
OUTDOORの鞄。
そう思っている人がほとんどではないでしょうか!!
しかし、機能をトコトン追求した物は、様々なシーンに対応可能なんですネ!!
これは、どんな説明よりも説得力のある写真です。


OUTDOORとは全く無縁だった彼女。
フライフィッシングを一度やり、
その魅力に少し感じ入っています。
SLCのM.Y.バッグとオイルパラフィンのハット。
こわい位に似合っています。

新年に際して… – 新しいシルバーレイクの可能性 -

新年に際して… – 新しいシルバーレイクの可能性 - 1080 1080 tokyopress

初めて吉田ブログに、私以外の人の文章を掲載します。

【長く愛される釣りブランド】

Our Life is Our Art.
20年の歴史。
使いなれたバンブーロッドに20年分オイルが染み込み革のように経年変化したbarbourのジャケット。
それと、自作のハットにバッグ。
フライフィッシングを極めた男のブランドは来年でちょうど20年を迎えます。
こちらは、そのデザイナーとその手で産み出されたバッグたち。
普段の仕事とは別ながら、自然とお仕事を手伝わせて頂く機会が増え、今回はモニタリングや物撮りも兼ねて神之川まで。
私が持っていたファッションの概念にコペルニクス的転回をもたらす彼のファッションは
その世界に踏み入れなければおそらく一生感じることはなく
一歩でも踏み込むと
みごとに全てが理にかなった造りになっていることに驚きわくわくさせられます。
その造りには、こだわり抜いた本物を感じ
数多くのファンを持ち
長く使いつづけられるバッグには、
私などの異性が入るスキが微塵もないほどひとつを貫く男のロマンや生き様が入っていました。
これを本物のかっこいい男性の遊びというのかもしれません。
私が強く求めるシンプルとは一番かっこよく
一番奥深いものだったんだと
改めて強く感じることとなりました。

謹賀新年

謹賀新年 3648 2736 tokyopress

シルバーレイククラブも今年で20年という大きな節目を迎えました。

“世界に通用する日本発のOutdoorブランドの鞄を作り上げたい!!”

そんな想いでこだわりの鞄を作り続けて参りました。

この想いは変わる事なく継続してゆきます。

これからも今まで以上にシルバーレイククラブを宜しく御願い申し上げます。