Archives / 2013 / 9月

第3回信濃おおまち野外塾

フライフィッシング界のトッププロと共に楽しむ2日間。 ビギナーから、そこそこやっている人までとにかく楽しめるイベントです わたしも目からウロコの出来事が随分とあり、この会に参加するたびに フライフィッシングの腕が上がっているのを自分自身で感じています。 チョットしたところですが、そこが解るか解らないか…これは大きな問題なんですネ!! それは何事においても言える事ですが…!!

夏の終りのコンサート

―由緒正しく― 八ヶ岳の青年小屋。 第14回、夏の終りのコンサートリポートです。 第14回と言いますから。今年で14年間続いた事になります。 毎年毎年、自分自身の古楽器を担ぎあげてきての演奏会。 バロック音楽を聴きながら、酒までふるまわれての夏の終りのコンサート。 これで宿泊料金が何時もと同じでというから感激ですネ!!

金魚すくい

「村のイベントで金魚すくいをやっとるんヨ!!よかったら来てネ~!!」 昔の級友のそんな声に誘われて…。 金魚すくいなんて何十年ぶりでしょう。 妙に懐かしくなり立ち寄ってみました。

中野川フライフィッシング

「四国にも、こんなにスバラシイ川がある!!」 三年前にこの川を訪れた時、思わず感動した時の感慨である。 しかし、今年は一カ月以上も雨が降らず、少し南の四万十市では 40℃を超す暑さが連日続いていたと聞く。 ま、今年は仕様が無いかもネ…!!

つるや釣具店 F・F教室

釣友のKさんが、フライフィッシングをやりたいと言ってきた。 つるや釣具店のオーナーの山城さんに話をしたら快くOK。 場所はロケーション、魚のコンディション共に良い浦丹沢の神之川。 6ピースのパックロッドにブルーのフライリール。 こだわりは、フライリールのカラーに合わせてガイドの巻き糸もブルー。 そして本体カラーは一番新しいグレー。 バット部分に本人の名前入りというスペシャル仕様。

マテ貝採り

今年もやってまいりました観音寺市の一の宮海岸。 チョット見は、ハワイのようでもあり異国情緒をそそられます。 こんなきれいな浜で、マテ貝がバッチリ採れるのですネ

真夏のフライフィッシング

―ターゲットはブルーギル― 田舎にて昼寝をしておりましたら、釣友のシンチャン農園のオーナーから 「フライの練習をしたいんだけど…」 という嬉しいお誘い。 ターゲットはアマゴならぬブルーギル。 しかし流石に今年は暑過ぎるのか、ドライには全く反応が無い。 仕方なくフライを沈めて誘い引きをすると、ワラワラと集まってきて おもしろいように釣れる。