Archives / 2010 / 10月

心のふる里、十津川村 その③-4 -完結編-

<そして3日目> 翌朝、昨日の天候がウソのような晴天で、 世界遺産の熊野古道を歩くには最高のコンディション。 そんな中、皆が集まる前に朝食の準備に余念の無いハッチー隊長。 しかし、頭が下がります。 朝食は、昨日のきのこ鍋を利用したきのこのリゾット 大好評でした 昨夜食べられなかった子供たちにと スペシャルメニューが出ました さて、 いよいよ世界遺産の熊野古道のトレッキングです。 工藤家ファミリーの記念撮影の時、 左側にハッチー隊長が・・!! 工藤家には最高の一枚となりました。 やっぱり、雰囲気ありますね~!! もうすぐホテル昴。 今回のツアーの最後を飾る谷瀬の吊り橋を渡ります。 最後の最後に、千葉さん経営の十津川うどんの店へ・・・    うどんもコンニャクも豆腐も総て十津川産で、 材料から水にまでこだわったものばかりです。 そして最高のこだわりは、 今回採れたアカモミタケの炊き込みご飯でし ...[Read More]

心のふる里、十津川村 その③-3 -完結編-

<ホテル昴にて きのこの同定(同じ種類に分けます)> イヤー、2時間ほどで・・・しかし、採れましたネ~!!    立派なアブラシメジがバッチリ採れました。 クリフウセンタケ(写真中央)もすごいです アカモミタケ(写真右)も、ものすごいですね~!!    こんな大きなノウタケ(写真左)見た事無いです。 ヌメリイグチ(写真中央)も道路脇で結構採れました ニンギョウタケと本シメジを持つハッチー隊長と岡さん。(写真左) この二人が組めば、最強メンバーになることは、間違いないでしょう。 これが本シメジなんですね~!! 話には聞いていましたが、やはりスゴイですネ~!! ↓↓ハッチー隊長が同定したキノコを前に解りやすく説明します。 さて、いよいよ蜂須賀流、きのことジビエ料理の始まりです。 野草の使い方から、鹿、猪の肉まで、 ハッチー隊長ならではの創意工夫が光ります。 まずは、十津川コンニャクの洋風シシあ ...[Read More]

心のふる里、十津川村 その③-2 -完結編-

<そして2日目>  翌朝、皆が到着する前に野草の食材を採集に出かけました。 薬味用の野草もバッチリ採れました↓       蜂須賀さんが東京から持参してくれたキノコ食材で下準備します↑ もしキノコが採れなくてもこれで大丈夫? ↓スッポンタケの幼菌。半分に切るとこんな感じです。         ちょっと食べたそうな顔をしたら、 アッという間に調理してくれました↑試食する増谷さん↑ ↓続いて三才の雄鹿を料理してくれました。 鹿肉もパクリ。ウーン、これもいけますネ~!!      14:30、強い雨の中、 今回の参加者が玉置山の駐車場に到着しました。 流石にこの雨だとバスの中で待機する人が多いと思ったのですが、 全員参加は恐れ入りました!! ここは木の植生がスバラシイとハッチー隊長が絶賛した場所です。 皆の気合に恐れをなしたのか、雨も小雨になってきました。 それぞれが採れたキノコをハッチー隊長に ...[Read More]

心のふる里、十津川村 その③-1 -完結編-

–  ハッチー隊長と行く3日間の旅  – 十津川村、村興しの手伝いの話が来て8ヶ月。 その間、2回の下見をし、実現の運びとなりました。 無論、主役は蜂須賀公之氏。 我等がハッチー隊長。 天然の食材を使っての即興の創作料理は、 素材の持つ味の個性を最大限に引き出し、 皆の舌を喉を驚かせます。 旬の自然食材をこれほど楽しく自由自在に調理する人を 私は知りません。 そんな十津川村での今回のイベントを 写真を使って追いかけてみようと思います。 <第1日目> 10月8日、 十津川村役場に14:00着。 役場職員の増谷さんが21世紀の森を案内してくれる。 キノコが生えているか否か、少し探ってみると、 イグチとカラカサタケはバッチリ生えていたので、タブン大丈夫!! という事で、会場の設営と明日の料理の下準備に入る。   我々は、ホテルのロビーに 「蜂須賀さんのTOTEバック(アー ...[Read More]

北本の自然 その⑥

以前に書いたのが4月ですから、アッという間に半年が経ちました。 さて、 久方ぶりに北本の自然。 まず、我家の近くの林を歩いてみますと、  オオッ生えてますネ~!! ナラタケモドキと ニガクリタケ。絶対に食べてはいけないキノコです。 このニガクリタケ、特に幼菌の内は、結構うまそうな顔をしているので御用心。 そういえば先日、 このキノコを売ってしまって連絡が取れないという記事が 新聞に載っていましたが、恐いですね~!! という事で、 何時ものトレッキングコースをモクモクと歩きます。 少し涼しくなった風に乗ってキンモクセイの香りが鼻孔をくすぐります。 しかし・・・いい香りです。    ブルーベリーもキウイも庭先で見事に熟れてました。 で、 何時もの秘密のキノコ場をのぞいてみると、 オオッ、これはスゴイデスネ~!! メチャクチャに生えてます~!!帰りに採ろうと心に決めて 尚もズンズン歩いてゆくと彼 ...[Read More]

日本橋高島屋にてシルバーレイククラブフェア開催中

10月20日から26日まで 日本橋高島屋 鞄フロアにて シルバーレイククラブフェア開催中、 アキラクラフト実演(土日)も行います。 23日(土曜日)、24日(日曜日)は 秋良氏と、私、吉田もフロアに居ております  気軽に声をかけてください。 是非、お近くの方はお立ち寄りください お待ちしています。

青年小屋三大祭り 八雷神祭

青年小屋三大祭り 八雷神祭 10月30日(土)青年小屋にて八雷神祭を行います 権現岳の槍 檜峰神社に鎮座し、 権現岳周辺をいつもお守りくださいますイザナミの大神と 八雷神に感謝の気持ちを込めてお祭りを行います。 にごり酒、甲州名物ほうとう、お餅つき、 ごちそういっぱい 夜は登山用品が当たるジャンケン大会  権現同人の鞄も当たります。 ジャンケンで勝ち取ってください お問合せ 青年小屋 TEL 0551-36-2551 携帯 090-2657-9720    皆で餅つきをして食べます。 いろんなものが当たります。 青年小屋と権現岳。

茂来山登山

「久しぶりに家族で茂来山に登らない?」 というカミさんの御言葉に何気なくガイドブックに目をやると、 『佐久市』とあった。 信州というとキノコ、 それもこのところ雨が降っているので、かなり良いかも・・・ という事で、 9月26日の日曜日、茂来山の登山口に立つ。 と、何と 「松たけ山につき入山禁止」 の立札があちらこちらに・・・。 ヘェーッ、松茸が生えるんだ!!と感心しつつ、 それでは、と、登山道脇のみをリサーチ。 沢沿いにしばらく行くと急登となり、 ずーーっと急登であり、頂上まで急登は続いた 2.5kと書いてあったので少々馬鹿にしていたのですが、 上に行くに従い、キノコも無くなり、 真っ白い毒キノコ(ドクツルタケ)のみが、 ポツリポツリと生えていました 頂上は展望も良く、団体さんに占拠されていたので、 頂上近辺をリサーチしてみましたが、 乾燥の度合がひどいようで、いいキノコは見当たらない 以 ...[Read More]

Feel the Nature…with…その①

最近、渓流釣りというより、山菜、きのこ等、 自然の恵みに感謝!!という機会が多い事を受けて。 「フィール・ザ・ネイチャー・ウィズ」というテーマで 書いてみたいと思います。 さて、今回は我等がブログにも時折顔を出してもらっている ムキタケ採りの達人。 入江さんが大阪から飛行機を使って参加してくれるということで 俄然盛り上がりを見せました 花巻空港に11:20着の予定。 待っていたら、出て参りました。    折り良く、岩手の伝統芸能の鹿踊で歓迎された我々は、 一路早坂高原へ。 ウーン、オカシイ、 キノコワンダーランドであるはずのこの高原に きのこ生えてませーーん!! それならばと昨年、 ヤマイグチがバッチリ採れた大川のスペシャルポイントへ・・・。 ここも全く生えていない。    初日の夜は箱島シェフのステーキでカンパーイ!! 焚火の夜は更けてゆきます。 しかし焚火をじっと見ていると言葉がいらな ...[Read More]

遊悠学 植野稔のきのこ祭り

10月30日(土)~31日(日)の2日間に渡って きのこ祭りを行います。 ブナ林の紅葉真っ盛りのこの時期、ブナの原生林の中をきのこを探して歩きます。 そして、初日の夜は、植野稔のきのこ料理のフルコース。 その中に彼の人生をかけた岩魚君もいい感じで登場します。 正に大自然の食材を腹いっぱい食い、そして呑む。 そんな会にふさわしいイベントです。 定員は10名。 興味のある方は早めに連絡を入れてください。 お問合せ 遊悠学事務局 植野稔 〒321-2803 栃木県日光市中三依257-1 TEL 090-9018-3118 ブナの原生林の中をきのこを探して歩きます。 見事なナメコ発見。これで味噌汁を作ればうなります。 ミノルスペシャルのモニタリングもバッチリ出来ました。 植野稔の宴の始まりです。