Archives / 2010 / 7月

Mr.CW.ニコル その③

アファンの森の存在を知って、半年になりますが、 Mr.CW.ニコルの書物を読むにつけ、 おのずと個人会員の申し込みをしていました。 数日後、 丁重な礼状と決算報告書、 そしてアファンの森見学の案内状が送付されてきました。 案内状の中で、まだ申し込みの余地のあるところを 自分の予定表と照らし合わせてみたら、 11月3日しか開いていませんでした。 アファンの森、今年最後の見学になりますが、 紅葉、落ち葉も又良しの精神で見学してきたいと思っています。 しかし、いつの日にか、 南ウェールズ州のアファンの森にも行ってみたいものです。

我家シリーズ その⑮ 夏バテジュース

本当は、 夏バテ 解消 ジュースなのですが、 面倒なのでこんな呼び名にしています。 さて、我家の駐車場の軒下に張りめぐらせてあるブラックベリーが 今年も豊作?なのですが、何時もとチョット違うのが、 今年はカメムシ(ヘコキムシとも呼んでいます)が異常繁殖。 こいつが実にしがみ付くと、ツブの一つ一つが大きくなれず、 出来損ないのような小振りの実になってしまいます。 そこで今年は、 この虫との格闘の日々を送っています。 成虫になるとプーンと飛ぶんですネ。 そして飛んで行った先をいくら捜しても見つからない。 着地と同時にササッと素早く身を隠す。 まるで忍者のようなやつですネ。 また、よく見ると葉っぱの裏に何十個も小さな卵を産み付けてある。 大きな卵だなと思うと、ワサワサと動き始める。 全く取っても取っても後から後から生まれてくる。 何とも厄介な代物です。   しかし、「夏バテジュース」はこの通り。 ...[Read More]

権現同人です その②

権現同人のザックも、作り始めてから7~8年になりますが、 おかげ様でひそかに愛用者が増えていっています。 山の中でバッタリ出会ったりすると、 妙にドキッとしたりして、 “初恋”の思いを感じてしまいます。 そんなザックの一つ、 「青年小屋オリジナル」 がこの度、 ライトアップショッピングクラブ(前ソニーファミリークラブ)の裏表紙に 載せてもらえました。 無論、シュウさん(青年小屋のオーナー)にも御登場願い、 そのザックの魅力を語ってもらいました。 興味のある方は、下記にお問い合わせ下さい。 (株)ライトアップショッピングクラブ 電話でのお申込み 0120-003-100 インターネットでのお申込み http://www.lusc.jp/lu/doc.php/bogard019/1/ オンラインカタログのページ http://dpm.lusc.jp/weblish/lusc/VS747941/ ...[Read More]

ミチノクフィッシング写真撮影の旅 第3幕

そして次の日、 テントから這い出してみると、夜はすでに明け、 皆 準備は万端整っておりました。 イヤ、しかし、これはちょっと悩みますぜ!!     そんなこんなで本流の絶好のポイントに入り、 1尾、2尾と良型をキャッチしつつ上流へ・・。 そして今回最高のポイントに入ったのですが、 全くアタリナシ。 その内に対岸に居た7尾の子鴨が流れを横切って私の足元へ・・     対岸で昼寝をしていた子鴨君達が・・・ 私の足元に集い来て・・・ 何とも無邪気な子鴨君達でしたが、 それ以来、パッタリとアタリが止まり、 これで今回の釣りは“おしまい”と相成りました 今回も又、色んな事に出くわしましたが、 しかし「写真撮影の旅」のフィナーレは、 正にカモにカモにされた恰好で終了となりました

ミチノクフィッシング写真撮影の旅 第2幕

そして翌朝、箱嶋氏は本流で・・・、 私と新庄氏は源流へ・・・。 本日、ノンビリと寝てしまったお陰で、陽はすでに昇り、 新庄氏が光のシャワーの中でのフィッシング。中々サマになってました。 箱嶋氏はというと、40cm強のハヤをゲット。 これには地元のバアさんもビックリしてたとか・・・。     美味しそうなキイチゴ。 アシグロダケは、無論、ダシ用に使いました。 夜は又、ガーリックライスにカルビステーキ、アカヤマドリスープ等、      (写真左)ガーリックライス。うまかったです。 (写真中央)カルビステーキ。タレは前日に作り込むというこだわり様でした。 (写真左)アカヤマドリスープ。これから煮込みます。 肉のタレからドレッシングにまでこだわりぬいた料理が出てきて、 変に満腹に満足してしまって、何時ものハングリー精神が影を潜めてしまう。 そんな中、カゲロウが光を求めてやってくるわ、 ホタルが何匹 ...[Read More]

ミチノクフィッシング写真撮影の旅 第1幕

「Feel the Nature…with…」の遊びも 結構いい感じになってきて、年を追う毎にパワーアップしています。 さて、今回は、 ミチノクフィッシング写真撮影の旅がテーマ。 5年前からモデルとして度々登場してくれている新庄氏、 そして昨年より、この遊びに共鳴し、かわいい孫の為に 渓流魚に果敢にチャレンジする箱嶋氏の3名で実行に移しました。 年甲斐もなく夜中の東北道を一路岩手へ・・・。 途中、早坂高原にてキノコを探すが、全く生えていない。 (アタリマエダ・・・!?) そこから牧場の風景にチョット感動しながら大川へ・・・。 その後、安家川のテン場へ・・・。 明るい林の中、流れ下る水の音が何時にも増して心地良く聞こえてきます。 テン場に着く途中、 今晩のカラアゲ用のヤマメ確保の為、安家川にて竿を出しました。      最近メキメキと腕を上げてきている新庄氏、良型ヤマ ...[Read More]

我家シリーズ その⑭

ふと気付くと我家の小さな庭が雑草でジャングル状態。 ここに棲むトカゲ君とか前回も御紹介したカマキリ君、 それに私の苦手なケムシ君等にとってみれば、 正に天国のような所なんでしょうが、 近所の目もあるし、放っておく訳にはいかないもんね!! という事で、一念発起して庭の草刈りを・・・。 アララ・・・!!これはトカゲ君の卵ではありませんか・・・。 (トカゲ君の卵です。3個ありました) チャント生まれて欲しいので上から草をかぶせておきました。 又、植木鉢を動かすと 何と見たこともないような親分トカゲが草叢に走り込みました。 又、収穫の終わったユスラウメの枝を切っていたら、 ナント、これも又見たこともないような緑色の丸々と太ったケムシ君が・・・。 かわいそうですが、 ケムシ君だけは、どんなに努力しても好きになれそうにないので、 木の枝ごとゴミ袋にポイッ!! 又、駐車場脇のブラックベリー。 あっという ...[Read More]

クマさんの診療所

南アルプスへ釣りに行った際、 車の中で仮眠したのですが、変な格好で寝たからか、 目が覚めると太股辺りに変な痛みが走りました しかし、ま、 とりあえず歩けたのでそのまんま釣りをやって帰ってきたのですが、 痛みは中々取れず、腰の辺りまでズーンと重くなってきました こんな時は、迷わず クマさんの診療所へ・・・。 以前、 初めて八ヶ岳の青年小屋へ、出来たばかりのリュックを担ぎ上げた時、 初めて経験するような体調不良が私を襲いました。 やっとの思いで青年小屋に着いた時、 クマさんが持参していた針で私の壊れそうな体をチョコットメンテナンス。 するとどうでしょう。 嘘のように疲れが取れ、 早速私はシュウさんと松田さんを相手にザックの打ち合わせをやり、 夜は何時もの宴に参加して酒をあおりまくっていました で、一番信じられなかったのは、 当の本人の私でした。 (↑撮影:クマさん) それ以来、 クマさんは、私 ...[Read More]

広島 鞄専門店「寺田屋」

広島紙屋町の商店街にある 老舗鞄専門店の寺田屋。 地方専門店が一つまた一つと消えてゆく現代において、 固定客を増やしつつ、こだわりの人達の指示を仰いでいる希有な専門店。 無論、 シルバーレイククラブも中国地方では№1の品揃え。 それにも増してオーナーの鞄に対する情熱と知識、 そして誠実さは業界でも折り紙付きです。 中国地方でシルバーレイククラブに関心のある方、 是非一度訪ねてみて、色々と質問してみてはいかがでしょう。 きっと満足のゆく買い物が出来ると思います。    階段脇の棚にビッシリとシルバーレイククラブがディスプレイされています。 今回は帽子もバッチリ導入されましたので見てください。 頑丈さは折り紙付きです。

我家シリーズ その⑬

部屋の中から網戸越しに 雨上がりの庭に目をやっていたら、 アレッ!? 目の前になにやら不思議なものが・・・ オオッ これはナリは小さいがまぎれもなく 今年の春生まれたカマキリ君ではないかいな!! という事で何枚か写真を撮っていたら、 驚くべき速さで視界から消えました。 あの速さは半端ではありませんネ。 さて、その他にも、庭ウメの実が真っ赤になりました。 これは吉田酒造へ直行です。 駐車場のブラックベリーもいい感じで色付き始めました。 完熟したら「夏バテジュース」今年も作ります。 そして最後に、 昨日南アルプスから持ち帰ったヌメリスギタケモドキとモエギタケ。 仕分けされキノコカレーに・・。   イヤ、これも中々ウマカッタデス。